2018年4月16日 (月)

分別と不分別

分別とは
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/

>道理をよくわきまえていること。また、物事の善悪・損得などをよく考えること。「分別のないことを言う」「よく分別して態度を決める」

とあるが、仏教で言う「分別」は上にあるような一般的な良い意味合いとは全く反対で迷いと苦悩の根源なのだそうだ。

しかしながら思考は必ず「善悪」「美醜」「甲乙」「好き嫌い」といった、相対的、比較的な判断(ジャッジ)をする。

私たちは常にあれは良い悪いと分別しながら生きている。
こっちの店の方があっちの店より安くて新鮮な物を売っている、など日常生活においては、人様に迷惑をかけないためにもゴミの分別もしかりでマインドをきちんと働かせなければならない。

一方、仏教で言う「無分別」は、真の知恵で、相対的な見方から離れたところでの、覚りの知恵を意味しているんだそうだ。

「あるがまま」を「あるがまま」に分別せずに、、、などと言っても心の働きの性質上、分別しない、なんてことはそもそも人間にはできない。
できないことを目指すからまた苦しくなっては本末転倒だ。

人間は自然に分別するのが本性なのである。いい悪いを判断しなくて許されハッピーなのは赤ちゃんだけだ。
子供はこの世で生きるために親に社会に分別を教えられる。
そうでなければ犯罪者にだってなれるだろう。

私たち人間にできることは、あるがまま、などできないことを目指すのではなく、油断なく【分別している心の働き】に気づいて、それすら受け入れることだ、とブッダは言いたかったのではないだろうか。それなら誰だってできる。

内と外では正反対に使うべき分別を理解していないと、外側では無分別にO教団のごとく殺人をもおかしても正当し、内側では分別して葛藤しまくる、というとんでもないことになる。

自分が苦悩するだけなら、その苦しみから逃れたい、と思うに至れる。
常に泉のごとく湧き出てくる葛藤と言う名のストレスを解消するだけでは人生はもったいない。
と私が思うようになったのも、子供の時から不分別に生きて葛藤しまくりだったおかげ?かもしれない。

みんながやるから自分もやる、というのはできなかった。
ただ単に年取った人を意味もなく形だけ敬う、というのはおかしいと思ったので、表裏ある態度で平静を装いつつ裏では悪口、ということもできず、学校の先生や大人からはことごとく目の敵にされてきた。

少数でも理解してくれる友人がいたのと、中学生のときから沢山アルバイトをして色んな職場で働いてきて、中には面白がってくれる大人がごく少数いたのは助かった。

人間は悟っていない限り、だれしも程度の差はあれ無自覚に外側では不分別、内側ではジャッジしまくってる。

それが苦悩の根源になっているのはブッダの言う通り間違いない。
そんな生き地獄から脱してハッピーに生きるために、外側の分別と内側の不分別を一生かけて開発していきたいと改めて思う。












|

2018年4月10日 (火)

好きなことを仕事にしようとはよく聞く言葉だが、作家の中村うさぎさんは、好きなことではなく、得意なことでお金を稼ぎ仕事にすべきと何かで言っていた。
文章を書くのは子供の頃から得意だったけど、取り立てて好きなわけではないそうだ。得意なことだからといって、それをするのが人一倍好きとは限らない。
私も前回書いたが、宝石の仕事を二十年以上やってきて、所謂宝石デザイナーと名乗るのも何か違う気もするが、不思議なくらい揺るぎない信頼がある数少ない得意なことであるのは間違いない。
しかし、本当に好きでお金にならなくともやりたい、それを人様に伝えられるとおもうだけで、胸踊りワクワクしてくるし、苦手なこと、人前に立つことなどのこだわりを超えられるのは、プージャやディークシャ、ヨーガなのである。
これらはビジネスとは相容れないが、単にモノだけ売って金銭は得られても心の喜びと充実感はない。
宝石は美と芸術、エネルギーとヒーリングパワー、アーユルヴェーダにジョーティッシュにヨーガにヒルデガルド的な宝石療法と物質的な、精神的なターミナルになる。
それらと関連づけられるのがいいところだ。
好きで自分のためにもやりたいことを本業ともっと結びつけていけたらと思う。

|

2018年4月 8日 (日)

宝石デザイナー

親孝行したいときには親はなし、というが、文章もまた書きたいときに目が痛くてディスプレイを見るのが辛い。
有限の時間と体でできることはできるうちにやらないとなと思う。

このブログは最初は、ラクシュミージュエリーの宣伝で始めたので、初期の投稿は納品した宝石の指輪やネックレスの画像ばかりだった。
文章は自分の言葉で書こうにもできなかった。
ジョーティッシュ・ジュエリーという
最高レベルに美しい高尚なものと自分との間に隔たりがありすぎた。
当時まだ20代、じぶんより20も30も上の顧客に向かって何が書けただろう。とはいえども年齢ばかりではなく
40になってもそれは変わらなかった。
いつか自分の言葉で何か書けるようになりたいという希望はずっとあった。

私のジュエリーデザイナーとしての仕事は、絶対音感ならぬ絶対美感?のような、精妙すぎて直感に近い、普段の生活では全く役に立たない微妙な感覚あっての賜物だ。
宝石の品質や、加工したジュエリーの1ミリもの狂いがなぜか一目で直感的に分かり、専門家がルーペでみても分からないレベルなのだが、それを修正できるのは、この仕事をするにあたって天から与えられたものだと思う。

そういった見た目的な点にはおいては自信もって依頼者に納品することができたから、ジュエリーの仕事は得意というか天職なんだと思う。

以前、ジュエリーデザインの勉強も仕事に必要かと思い、2年ほど専門学校に通った。
デザインの基礎的なことは、加工を職人さんに伝える上でも必要だが、ほとんどジョーティッシュ用には一般的なデザインは適用できない。

石裏は肌に触れるように、その分頑丈でシンプルな作りが優先で一生身につけることのできるものだ。
それでもお客様の希望で結構華美なデザインのものも納品してきたが、
学ばねばならないことは他にも山ほどある。
ヨーガ通してチャクラや、宝石を浄化するためのプージャ、また宝石とコミュニケーションしたり富の意識にチューニング合わせる方法、アーユルヴェーダの古典や古今東西の宝石学などよっぽど必要になってくる。
ジョーティッシュの宝石処方についても基礎的なことは理解しておくのも当然だ。

以前、ルビーの指輪を納品したある男性顧客から、健康器具のようですねと言われたことがある。
一文字に並んだ最高級のルビーを金に埋め込んだシンプルなデザイン。
いい意味にも、飾り気のないことを揶揄した意味にも取れるが、当たらずとも遠からず。
まさに宝石は健康器具であり、普段持ち歩き、どこでも使えるようにするために指輪やネックレスとして肌身離さず身につけるのだ。

それを装身具としてお洒落で身につけることもできるわけだが、(一般のジュエリーというのはこれが目的)健康器具なんだけど、身につけることで結果的に、その人を外見だけでなく深いところで癒し、引き立て、美しく見せるという方がしっくりくる。

インド人(に限らずだが)のようにこれ見よがしに宝石をつけ、美しさと財を誇るようなメンタリティは私にはない。
肉体はいつか滅び、財だってあの世にはもっていけない。物質的な所だけでは意味がなく無駄なことに思えてしまう。

こんな私がジュエリーデザイナーを名乗るのは、何か違うような気もするのだが、本業は紛れもなくそうなのである。
自己紹介するときも、なんと自分の仕事を説明したものかと口ごもってしまい、
インド占星術の〜などと言おうものなら怪しまれるのがオチなのだ。
逆にインドに詳しい人だと、実際にインドでは詐欺が横行してるのだろうが、宝石というと金儲けでしょ、などと面と向かって言われたこともこれまで2回ある。
無礼千万、自分は違う、と咄嗟に弁解できなかった。

その悔しさはときにスパイスとなり、やる気に火をつけ、研磨して石を輝かせるヤスリのような役目をしてくれてもきた。
ハードコアにシンプルなデザインばかりだが、宝石療法の観点からはその目的に真っ当で、経済的でもあり、何より美しい。石のパワーが増している。
そんな画像をインスタグラムに投稿してるので、よかったらフォローしてくださいませ^_^
https://www.instagram.com/laxmi_jewelryhttps://www.instagram.com/laxmi_jewelry































|

«花粉症の