2018年7月19日 (木)

今年の芥川賞受賞は『送り火』と発表された。
設定が中学3年生の男子転校生ということで、うちの息子と重なるので、どういう世界が描かれているのか?と文芸誌に掲載されていたのを数ヶ月前に図書館で読んでいた。

小説は世相を表すという。この凄惨で暴力的な救いようのない中学生たちの物語が、今を映す芥川賞受賞作なのだ。
文学的には素晴らしいものなのだろうが、内容的にはフィクションとはいえども、ホラー映画や小説は読まないが多分それと同じくらい恐ろしい世界がこれでもかと描写されている。

こういった少年少女の話の中で、親や周りの大人がいかに鈍感であるか、ということがシニカルに描かれているのはお約束だが、子を持つ親にとっては
いい参考になる。

しかし、これを読んで子供を産もうと思う人は、気が削がれるのではないだろうか。
ここまでひどくなくても、地上の子供を取り巻く学校を舞台にした装置は、決して優しいばかりではない。

だからこそ公教育ではなく、様々なオルタナティブな選択肢のあるのもまた今の時代なのである。

そんな時代の恩恵を受けて、息子は幸い、この小説とはかけ離れた平和的な学校生活を送っているが、この国のどこかで。
多かれ少なかれ、似たような状況があるのだ、ということも忘れてはいけない。






|

2018年7月14日 (土)

子育て中の親の社交性はこどもにも反映される。
初対面の人と気さくに話すなど、わたしには苦手とするところだった。
なんととっつきにくい人間だったことだろう。
独りが気楽と子供が小さい時は、ママさん同士がひしめく公園デビューなどもってのほか、と朝早くに誰もいない公園に一人息子を連れて行って、人が来たら帰るという感じだった。

自分の好きな人とだけ狭く深く付き合えばいいと思っていたが、
子育て中の親としてはままずかったな〜と振り返って思う。

自分が子供の時は子供が苦手な子供だったが
大人になったら大人が苦手になってきてしまった。

まず価値観や話が合わないだろうと決めてかかっている。
そうなるにはそうなるだけの、理由はあった。
けれどもシュタイナーの日々の精神修行の一つに、過去に影響されない、というようなのがある。
実際いかに過去の傷ついた出来事、疎外感や孤独感、拒絶された経験。挨拶して無視された時のショックなどがトラウマになり人と接する恐れになってるかというのに気づかされる。

過去から人は学ばねばならぬ、とされているが余計なことばかり持ち越していたのではないかと思う。
息子に対しても、過去の出来事からこうだから、と決めつけているのを辞めて、常に今にいるようにしたいと思っている。

人間が苦手だったころからすると今は、ここで会ったが100年目とばかり
出会うこと自体がすごいことで、どんなに趣味嗜好信条が違おうと一人の人間には百億以上の、いやお金には変えられない価値がある、ということに最近思うに至った。

子供がいる以上、人里離れて独り芸術家として生きる道ではなく、人との関わりの中で豊かに生きることを目指していこうと思う。



|

2018年7月10日 (火)

おばあちゃんの知恵袋によると、よもぎを生乾きさせたものを燻すと蚊除けになるらしいので、最近はあちこち生えている元気なよもぎを収穫して玄関前でアグニホートラしている。

アグニホートラ実験の動機の一つは蚊除け、虫除けなのだ。我がアグニホートラ瞑想センター(Laxmiltd.に間借り)は草木に覆われた公園に面して、水路もあるせいか毎年蚊の発生に悩まされていた。
蚊は身体の悪いところを刺してくれるという説により、毎年蚊の襲来と刺されて腫れでもすると憂鬱だったのが心理的には減少したが、
よもぎアグニホートラをして灰をまくことにより、去年よりかは蚊の発生自体減ってきたように思う。

化学肥料が普及する前はかまどの灰が立派な肥料になってたらしいので、花咲じいさんの気持ちで、アグニホートラの銅製ピラミッドに生成される灰を
薔薇やハーブの植え込みにふりまくのも楽しい。植物の育ちもいい。

けれど生乾きのよもぎは燃えが良くないので、インドでゴッソリ仕入れた樟脳を着火剤にしながら燃やすのだ。
最近はさすがに煤で薄汚れるので室内で燃やすのは控えて、もっぱら外でやっている。
1番燃えがいいのはやはりホーリーバジルの木質化したところと花穂である。今年もたくさん苗を作って、今日は8本ばかり畑に地植えしてきた。
なんという充実感だろう。
お金に変えられない豊かさである。

人により人生の青写真、何しに地球に人間として生まれてきたのかは千差万別で、1日中ネットに繋がって仮想のマネーゲームに興じることも、お金儲けとはかけ離れたところで芸術家として生きることもできる。
それぞれがこの生を楽しめばいい。
私自身はアグニりながらこの地球の片隅でささやかな浄化活動に参与しつつ、子供の頃に憧れた美の風景を作っていきたい。







|

«生きがいは園芸