2017年7月22日 (土)

二歩進んで三歩下がるプラーナ摂取プロセス

プラーナ生活に入り10日ほど過ぎ、食べることから自由になってきている快適さとこれまでの食べる習慣に意識的になりつつ、
行きつ戻りつ、2歩進んで3歩下がりながらプラーナ栄養を摂取する、という可能性に開かれてきました。

それにしてもこれまでの人生いかに人一倍、子供の頃から食べ物に、食べることはもとより料理することや
外食も含めて慰められ癒されてきたのだろう。

それが生きる喜び全てだったといっても過言ではなく、食べることが生きがいでした。

料理は人生を彩るクリエイティビティの発露であり、穴の空いたバケツに日々注ぎ込むように食を追いかけて享受していれば、向き合わずに済む虚しさ 退屈さ、究極的な理由なき存在の悲しみ。
それらが物理的に食べなくなると時間やエネルギーが
できるぶん、むき出しになって出てくる感じがあります。

そんなとき、ワンネスで学んだことがとても役に立っていて、出てくるもの全て、否定的なマインドであれ【変えようとせず分析せず】

ただその虚しさを受け入れ、
体験するようにすると、心理的にジタバタするような葛藤も生じないのです。

いかにこれまで
飲んだり食べたりして気晴らしして
紛らわして飲み食いで癒されてきたのかが如実に分かります。

以前は味覚の、また満腹感の虜、慢性的な中毒だったのが
徐々に健全な付き合いになってきてるのが何より嬉しい。

味わいもせず習慣的に口に詰め込んでは食べ過ぎて気分が悪くなり
体が重くなる悪循環より
少量でもよく味わって感謝が沸き起こるような食べ方をしていきたい。

精妙な栄養素を取り入れるのに
サンゲイジング(朝日からエネルギーを吸収する)というのもありますが
プラーナ生活においても日の出を見るのが基盤であります。

私は日の出前に起きることが長年の切実な願望でー精妙な栄養を得ることに魂から求めていましたー
が、なかなか実現できなかったのが、
今はアグニホートラの実践通して目覚ましなしでも夜明け前の一番静寂のときに自然に起きれるようになりました。


アグニホートラは自分が自然界からヒーリングを受けるだけでなく、地球に癒しを与えているという相互作用が
他にはない深い満足感を与えてくれるのです。

私という個人が人間として心穏やかにこの地球で生きていくには、
瞑想〜アグニホートラ〜プラーナ生活へと20年以上かけて見つけてきた、
この星での歩き方をガイドに一人で旅することのようです。

これからはたまには立ち止まって心惹かれる風景の絵を描いたり
物語を紡いだりもしながら、
残りの人生を楽しもうとリラックスしてきました

物理的な食が減ることは
焦りや恐れも減ることにつながり、
喜びは聖なる栄養素の摂取率が高まることと比例するのを実感しています。

それと醜形恐怖ぎみで自分の顔を
まともに見れない時期も長かったのですが、プラーナ摂取とともに改善しつつあります。






























<

|

2017年7月16日 (日)

プラーナ生活の幕開け4

アーユルヴェーダでは消化力の高まるお昼に
1日のうちでメインになる食事をとることを勧めています。
胃の中の消化力としてのアグニと実際の太陽としてのアグニの力を
関連づけていて、私もこの教えでこれまで20年以上、
朝も前夜もほとんど食べてない空腹で
ドカンとお昼に食欲をぶつけてきました。
それが人生の喜びでしたがたいてい食べすぎます。

苦しいくらいに食べないと満足感がないのです
食後のデザートやスナック菓子も食べてやっと
落ち着くのです。

これでどうなるかというと、昼食後に食べ過ぎた
食糧の消化のためと眠気を振り払うために散歩
する必要が出てきます。
すると午後は散歩の疲れもあってほとんど
家事や仕事への余力がなくなっているのです。

大いに食べて大いに運動して、、それが生きるということでも
エネルギーの損失だとあるときから虚しい繰り返しに思えてきました。
それでも食べることもやめられません。
人生が袋小路にはまったような不愉快さがお腹にも感情的にもあって
はやくここから抜け出したいと心のどこかで願っていたと思います。

アーユルヴェーダとヨーガは同じインドの智慧ヴェーダを
親とする姉妹関係にあたる知識といっても、
寄って立つところが違う(肉体なのか より精妙体なのか)
ので、両方知っておくべき知識ではありますが
自分は今どっちよりで生きたいのか、どっちの知識が
合っているのかを明確にしておくと無駄がないと思います。

私ははこのアーユルヴェーダとヨーガ両方を実践していたがために
日常生活ー食事法から性生活から全く真逆といってもいい教えに
迷い 疑問が多かったのです。
あくまで一般論ではなく自分の心身の健康に
役に立つか否か。生命力の無駄遣いになっていないかどうかです。

今後はキネシオロジーも習得したことで
全て迷いは最終的には真我が知っていると
確認できるようになりよかったですが
これまで時間を浪費してしまった感はあるので
残りの人生は迷うことなく楽しんでいきたいです。

プラーナ生活にシフトして1週間、必要だからではなく
楽しむために、好きだから食べる、もしくは
お腹は欲しがってないので食べないという選択ができるように
なってきました

人間のもつ5感の喜びを体験したいので
味覚も十分楽しんでいきたい。

私にとってはキネシオロジーで出た通り
プラーナと物理的食べ物の割合が
9:1〜か9:2くらいがやはりちょうどいいようです。

これまでからすると減ったぶん、愛とともに与えられたもの
をより味わうようになりました。
何も考えずに手を伸ばしていたお菓子やアイスクリームなど
ほとんど食べなくなりましたが、

昨日は息子の中学校で近所の方が収穫したジャガイモを
保護者の方がたと一緒に調理して茹でたものをいただきましたが
最高でした。

ブッダは本当は欲望を否定したのではなく渇望を
人間の苦しみとしたそうですが
食べること 生きること全部に当てはまる
ような気がします。

|

2017年7月14日 (金)

プラーナ生活の幕開け3

アーユルヴェーダやベジタリアンの栄養学や料理の勉強がとても好きでしたが何は良くて何はダメ、何を取るべきという物理的な食料からのみ栄養を取る以上は避けては通れないジャッジメントがあり、

そんなに食べたくないものを食べなければならない、もしくは食べたいものが食べられないということも当然出て
きます。

本当の意味でたべものを楽しめるのは
逆にプラーナ食になってからなのだと今は実感しています。
なぜなら完全なる栄養素のエッセンスであり最も純粋ー殺虫剤とも遺伝子組み換えもない、しかも無料のー

プラーナを通常的に存分に得ていれば、食料は何かの欠乏のために補給すべきものではなく、単純に楽しむために好きなものを選べられるのです。

そのとき食べたい!と思ったものを
食べたい時に食べられるのです。
それが栄養学やアーユルヴェーダでどんなに勧められなくともOKなのです。これは素晴らしい超越です。

プラーナで生きる場合全て教えは自分の内側にあります。
外側で知った栄養学や何かの食事法の知識も利用はしますが、それだけによりません。
知識がマスターなのではなく内なる自己が主導権もつマスターとなる転換です。

ただ、内側を観ることを通してそれを食べたらどうなるか?食べたらどうなったかをよく観察します。

実際に食べてみて体が重くなったり眠気が襲ってきて鈍くなったり気分悪くなれば、次からは自然と減っていくだけです。
抑圧も我慢もありません。

この自由が好きです。
人には嗜好があります。
美味しいと思う大好きなものは
それがなんであれ頭でジャッジせず体験すべきです。

私はタイやメキシコ 、インドの料理の
香りや味が大好きです
多分前世から持ち越してる性分なので
魂が喜ぶわけです。
昨日の朝は畑で仲間からとれたてのキュウリやトマトを分けてもらったのでいただき、
朝のウォーキングのあと冷房の効いた
近所のイトーヨーカドーで寛げるスペースもたくさんあるので
よく休憩しますが
ここで備えつけのお湯で好物のトムヤムクンカップヌードルをいただくのが最近の楽しみでした
少しタイのフードコート感でいただいてる感があるのです。

プラーナ食への移行は固形物から水分のみで今はジャスムヒーンさんも4-5年かけてゆっくり変化するプロセスを
オススメしてるようです。

久しぶりに炭水化物を食べましたが自分が味わいたかったのはトムヤムクンのスープだけだったと分かりました。

ちょっと迷いましたが最初から麺抜きにせず、体験することで
次回はスープだけにしようと自然に思えました
栄養のためではなくただ好きだからそれを味わっているというとても喜びがありました。

以前はほとんど内側を無視して
どんなに胃が悲鳴をあげようと
食べまくっていました。
今は以前より量が少なくなっただけで食べてるものは同じですが
その体験は色鮮やかに変化してきています。

睡眠時間は2-3時間に減ってきています。
この4-5日はプラーナ食への移行期で
8-9割プラーナで残りは物理的な食べ物という比重ですが
どちらも楽しめて
いいバランスです。

これまでより食べる量が減り代謝も落ちて4-5日は体の動きもゆっくりで
ノロノロしてましたが
今日あたりから普通に動ける感じになってきました。
すぐに調子よくなるわけではなく人によって調整期間があると思います。

体重は微妙な減少ですが無駄な脂肪が少しづつ薄皮をはぐように落ちていって、ずっとこの時を待っていたんだなー
10年、いやそれ以上、、。
仙女的ななりたい自分と現実のギャップに苦しんできましたが
徐々に近づいてきているようです。


















|

«プラーナ生活の幕開け2