2018年10月18日 (木)

産みの苦しみを経て再生へ

今日は息子の誕生日である。
16年前の今頃は、陣痛の耐久マラソン、産みの苦しみ阿鼻叫喚真っ最中だったと思い返す。
何でも新しく生まれる前は、多かれ少なかれ苦痛が伴うものだというが、
あれほどの体験は禊としか言いようがない。
私も母としての誕生日なのだからお祝いをしよう。

今、息子とは思春期の割にはよく会話したり、一緒に出かけたりするのはインドで学んだ親業、子育ての智慧があったからこそである。
やはり、恩返しでこれをつたえにゃいかん。。そんな気持ちが湧いてきた。

今年から息子がシュタイナー学校に入ったことで、私も大きな恩恵をうけている。ヨーガに導かれたのもシュタイナーさんあってのことだったのでこれは運命だ。
今年は息子が望んでいたような、望む以上のクリスマスになりそうでワクワクしている。






|

2018年10月14日 (日)

奇跡が起きるには

残りの人生どんなふうに生きたいか?
遊園地で何を選ぶかは自分次第。
レストランに入って何をオーダーするかも自分次第。
おばけ屋敷や恐怖のジェットコースターばかり目立つけど、ミラクルに感動するアトラクションだって実はある。

魂の青写真(ダルマ 、使命)に向き合う誕生日前後から思ってもみなかった可能性やヒントを守護存在から色々送られてきて、えーっそんなのアリうる!?と思いつつも、その見せてくれることは理屈抜きでファンタスティックでワクワクするような、驚くべき楽しいことばかり。
シンクロニシティや正夢など、人知を超えた現象は有無を言わさず人を敬虔な気持ちにさせてくれる。
そういう意味で不思議現象というのは
人に夢を与えてくれます(ムー展見に行かなくちゃ)
これまでに考えられない新しい次元を見せてもらってますが、これまでの人生でそんなの不可能だろう、ということでも叶うべきことは、いつかは叶うことをいくつも体験してるの可能性はある。

まず一つは世界の非暴力による平和。
ありえんやろ〜今のご時世まだまだ恐れと暴力とエゴに支配されております。
非暴力主義のガンジーによって建国されてたインドでも核兵器がお守り。
日本もアメリカの核の傘下で岐路にある。
でも、ビッグピクチャーで大きな夢は持とうと思った。すぐにじゃなくても何百年か後なら可能だろう(早いに越したことないが)

夢の実現方法

1 現状どうであれ、すでにそうなってる実現したいことをイメージする
(願望の種まき )

2 小さなことでもすでにあるもの、実現してることに意識をフォーカスする
(人はついつい、持ってるものを忘れて、ないことを嘆き悲しむ傾向がある)

3 自分がやれることはやりつつ、目に見えない存在 (ご先祖さま 天使 なんでもあり)に助けを要請する
(求めよさらば与えられん)

4 個人的な利益だけでなく他の人にも良いこと貢献になるか、実現可能かを考える。
(破壊的、実現不可能な願望はトラウマからきている)

5.願望と渇望の違いを明確にして、タネを蒔いた後は天に委ねる。

6.芽がでなくとも諦めずに何度でもまく。

7.結果が思ったのと違っても天の采配と思う。

8.ピンチはチャンスと逆転の発想をする。

9.停滞したり落ち込んだときは出来る範囲で与えること、サットカルマをする。

10.人を祝う。特にすでに自分の叶えたい願望を実現した人を祝福しまくる

(私は以前、畑や家を持ち、夢を叶えてる人に対して、自分はかけ離れていたので羨ましかったのですが、試しに一緒に喜びお祝いしました。数年後、奇跡的に自分も実現しました)

11.感謝する。

12.感謝してない自分に気づいて、恩知らずであることを自覚する。

13.分かち合うほど豊かになる。

14.お金を使うことは豊かさの種まき、一粒万倍の自然界の循環をお手本とする。


|

2018年10月12日 (金)

バースデーブルーの脱却方法

年取ったら誰しも誕生日は無邪気に喜べなくなってくる人も多いですが、
ただ、年老いるのが嫌だってだけじゃないんですよね
私は十代の頃は人生の残り時間が刻一刻減っていく焦りでした。その深奥には恐れと虚しさがあります。
なぜいつか死ぬのに、生きる意味があるのか 。死んだ方がマシな状況は病気や経済的困難、若者は学校での苦難が理由の主ですが、特にそういった理由がなくとも心理的に死にたくなることはあります。

誕生日には特に死ぬ人が増えるという恐るべき、いや、さもありなんなデータですが、自死するくらいなら、いつかはほっといても100パーセント死ぬのだから、逆転ホームラン(マハーサマーディー)めざしませんか
そうすれば誕生日はそのために、本当は魂の青写真を思い出すチャンスとなりうる。
そしてこの世に送り出してくれた産みの母と、大いなる自然の母(マザーディヴァン)両方に感謝と祝福を求める日なのだ。
そうしたら、無邪気に誕生日を喜んでた幼子の気持ちに少しづつでも戻れる。
誕生日には自分が人に祝ってもらったり、何かもらうのを期待せずに、発想を転換して逆に人を祝い、贈り物をするくらいで私にはちょうどいいと思った。
誰も祝ってくれる人がいなくとも、自分で自分を祝い、自分にもプレゼントをかい、好物を食べるくらいの贅沢はどんどんするべきだ。
私も昨日は好物のメキシコ料理を自分で作って食べました。園芸店に行って苗も買った。普段どおり家事をするのが何よりハッピーだった。貯めてた玉ねぎの皮で祭壇用の布をシルク染した。栗と生クリームのケーキも作ってマザーディヴァンに捧げた。
豊かな意識にチューニング合わせれば、すでにたくさんの誕生日プレを天からもらってることに気づいて心穏やかに足取りも軽くなるのだった。

このおそるべき(どっちにも転べる)誕生日。当日では遅いので、前々から、クリスマスのキリスト生誕祭のアドベントとのごとく、指折り数えて準備をして迎えるとよりいいかもしれない。
来年の感謝祭が今から楽しみである。




自分にプレゼントは手芸店のお得な薔薇のアップリケ詰め合わせセット。あちこち縫い付けるのが楽しみです。

|

«誕生日