« シュタイナー教育・医学からの子育て読本 | トップページ | Order Jewelry13 »

2010年2月25日 (木)

ディバインを助ける

先週の金曜日に遅ればせながらBlessing Giverの講習を受けました。(Blessing (祝福)はインドでは伝統的にDeeksha と呼ばれています。出帆新社様のサイトが詳しいのでご覧下さい。http://ideeksha.com/deeksha/

思っていた以上に、ディバインの道具となることは素晴しい体験でした。苦しみの原因が「自分」にある、ということが納得できました。「自分」が幻想である、という賢人の教えが実感として理解できました。

ディバインのエネルギーに包まれる時、自分というものがなくなって、ただただ聖なる力に満たされるのです。その開放感は表現する言葉が見つからないほどで、受け手だった今までと比較にならない感触があります。ギバーとなって初めてその真価が垣間見えてきました。

ギバーとなると、見えないレベルでたくさんの人を助けることができ、ひいては自分を助けることに繋がるそうです。努力は要らないのですが、ディバインと人間との電線、ワイヤーとなるために心身を浄化していくことは必要だと思います。断食も薦められているようです。

私は20年くらい朝晩と瞑想をしていますが、瞑想の後に行なうことはものすごい上級テクニックだと感じています。日常生活ではただただ感謝、ほんの些細なことに感謝の念が湧き上がってくる、至福感の持続、食事の量がかなり減り、少量でも満足するような変化がありました。「自分」を失う歓喜に包まれるのですが、日常生活においては、自分らしく、あるがままというか子供のときのように無邪気さが蘇ってきています。とても幸福な状態です。

ギバーになって思ったのは、これは、全く宗派を問わず、自分の信じる神、帰依している存在がある人ほど向いているのではないかということです。(無くてももちろんOKですが)。それぞれの道に成就をもたらす助けとなります。

今まで私も、宝石の浄化としてインドの伝統的なプージャというお祈りをおこなってきました。宝石を通して神の恩寵を真摯に祈ってきましたが、Blessingすることで、これからはもっと「自分」のない状態で、大いなる存在に委ね恩寵が流れるのではないかと思います。

つい最近までこのコースはだれでもを受けるものではありませんでした。南インドまで行き時間もお金もかかりましたが、最近国内で誰でも2日間で受講できるギバー養成コースが開催されはじめました。

なかなか一般的には理解されずらい面もあるかとは思いますが、時代を先取りする感性のあるパイオニアの御蔭で恩恵をうけられるようになってきています。

|

« シュタイナー教育・医学からの子育て読本 | トップページ | Order Jewelry13 »