« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月27日 (木)

Blissful Gardening2

Housev_2

        素朴ですが魅力的なお庭の画像↑バッチフラワーレメディのサイトより

惑星には宝石と同じように、植物や動物も対応しているといいます。

・太陽  ひまわりやきんぽうげなどの黄色い花 高価な花 珍奇な樹木 (特に砂漠や熱帯のもの)

・月 月見草など夜に咲く花 ロータス(蓮)などの水中植物 一般野菜 食用になる草

・水星 小型の植物 野の花

・金星 香り高い花 薔薇 ラン 花束に使われる花 全ての地を這う花 つる草 

・火星 特に記載ナシ

・木星 植木 果樹 オリーブやブドウの木 良いにおいの薬用植物 

・土星 苦味のある薬用植物 木の根

「人は自己の何者であるかを知らない。その霊の神秘的な意義も尊い本質も、無限の可能性も知ってはいない。自己を認識しえた人は幸福である。しかし自己を認識して、その特質を最高度まで高めて人生に発現し、地上における自己の使命を果たしえた人はもっと幸福である。」

占星学の見方 ルルラブア著より抜粋

|

2010年5月21日 (金)

Blissful Gardening

Pr00100399997_2

アムリタジョーティー(日本マーターアムリターナンダマイーセンター)より抜粋

インドでは昔はどの家庭にも、神聖なトゥラシー(バジル)の草とそれを植える場所がありました。また毎日の礼拝に使う香りの良い花を育てることも、一般に行なわれてきました。

バジルやビルワの木は神聖なものと見なされており、それらを育て敬う家庭に繁栄をもたらすと信じられています。

彼らは自然と調和して生きていました。全てのものの中に神の本質をみました。彼らはこのように生きることでおだやかで喜びに満ち健康だったのです。

トゥラシーのような植物や礼拝に使われる香りの良い花の多くは薬学的な性質を有しています。家の側でそれらを育てることは、大気を浄化するためにも役立ちます。

どの家庭も木や植物を植えるために土地の一部を使うべきです。それによって自然環境を浄化でき、自然の調和を保つことが出来ます。昔はどの家にも木立や池がありました。その家庭だけではなく周囲一帯の人がその恩恵に浴していました。

○bilissful gardeningのためのヒント○

oneローコスト・ハイクオリティーで安全・快適の理念を実践する山本美千子さんはまさに園芸の達人。http://www.emj.co.jp/recycle/profile.html

twoフランスの生態系有機農業の最高賞「バイオドール金賞」受賞。農薬殺虫剤を使わず生態系を守る環境園芸のパイオニア。http://www.vallauris.co.jp/biopost/

three農薬や化学肥料を使わずに栽培・採種された、非遺伝子組み換えの種子の販売を通じ、安心・安全な食べ物とそれを支える豊かな生態系を守り継ぐ。http://www.tanenomori.org/

|

2010年5月13日 (木)

ヴェーダ天文台

2010318_010

正面の絵はヴェーダ天文台のヤントラ

窓の後ろはジャスミンが何百とつぼみをつけています。

プージャでは

今年一番最初に咲いたサフラノ(西王母)の薔薇を一輪捧げました

|

Order Jewelry25

2010429_004

ガーネットはルビー(太陽)の代用石。

18金加工 長さが調節できるアジャスター付きのベネチアンチェーン

|

Order Jewelry24

2010429_001

パール(南洋珠)9 .44カラット/シルバー加工

希少なホワイトカラー

無穴・無処理の真珠を使用しますので

加工には最も技術が必要となり注意を払います。

通常のジュエリーではパールには穴を開けて芯を立てますが

ジョーティシュでは不可です。

穴を開けずに加工するため制限はありますが

その中で最善を尽くします。

|

Order Jewelry23

2010415_005

本来イエローサファイヤは18金で加工しますが

オーダーにより座のみ18金、見える部分はシルバーで特注加工しました。

これですとイエローサファイヤのエネルギーを損うことはありません。

H様

|

2010年5月 7日 (金)

アーユルヴェーダとマルマ療法

ヨーガ治療のエネルギー・ポイント

マッサージや鍼灸でツボや経絡と呼ばれる圧点を、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダではマルマと呼び、人体の精妙なエネルギーの流れと力の聖なるポイントです。ヨーガはマルマを理解することでより精妙なレベルで効果が高まります。

P.72マルマと色彩や宝石の療法より

色彩と宝石の利用もまたヨーガ治療とアーユルヴェーダの治療の重要な要素で、特にタントラと自然の神秘な力を利用するそのエネルギー行法に関係しています。

宝石は特にマニと呼ばれ、ハーブやマントラと共にアーユルヴェーダ治療の3大要素の一つになっています。

中略

多くの伝統的アーユルヴェーダの施術者もこういう精妙な療法に大きな価値を見出しています。

色彩や宝石の療法はマルマに用いることが出来ます。光はその源と色に応じた様々な方法でマルマを刺激することができるのです。

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »