« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月29日 (木)

Order Jewelry28

Dsc07893

First class Ruby

ルビー3カラットUP K18リング加工

東京都Nさま

希少な1個石の一級品ルビー

|

2010年7月23日 (金)

Wish of Laxmi Jewelry

C0000002_3

「宝石が女性を美しく見せるのではなく、女性が身につけることで宝石は美しく輝くのだ」

とインドでは古代から言われてきました。

当方でオーダーされた方が、納品した宝石を身につけて再度来店されると、その美しさ、その人らしさがさらに際立つ光の輝きに、表現する言葉が見つからないほど感動します。

女性は美しくあることが、幸福であるために一番大切だといいます。人と比べるのではなく自分らしく、喜びとともに年齢を重ねていけたら人生は至福の拡大となるでしょう。LaxmiJewelryでは、そのように、身につける方の真我のレベルを輝かし、弱点を補うような究極のジュエリーを提供できるよう日々研鑽を深めています。

|

2010年7月16日 (金)

ブリハットサンヒター

6世紀のインド文化を知る上で貴重な材料を提供している(前書きより)

「王達には吉の宝石があれば吉があり、凶の宝石があれば凶がある。だからそれに詳しい人は宝石による吉凶を判定すべきである」

「悪い相をもつダイヤモンドは親族 王権 寿命の破壊を招く。よい相をもつダイヤモンドは雷光や毒の災難や敵を滅ぼし、王達に楽しみをもたらす」

「(得がたい吉相の)真珠には値段をつけてはならない。穴も開けてはならない。これらは非常に威力のある偉大な浄化具だから、王が身につけると、息子、勝利、健康を与える」

「「(得がたい吉相の)真珠は全ての偉大な長所を持ち王達に息子、富、人々の人気、名声をもたらし、病気、悲しみを取り除き、望みのものを与える。」

「(ルビーの良い宝玉と悪い宝玉)滑らかで、艶やかな光沢を持ち、透明で、光り輝き、重く、形が美しく、内部に光輝をもち、強烈な色彩を持つものがすべての宝玉についていえる長所である。 透明さがなく、輝きが弱く、線状が入り、鉱物が混じり、亀裂があり、穴の開け方が悪く、心を動かすものがなく、小石が入っているというのが欠陥のある宝玉である。」

「エメラルドはおうむ、竹の葉、バナナ、あるいは合歓木の花の色で良い相を備えていれば、神々や祖霊の祭祀の際に人々に極めて吉を与えるといわれる」

(ブリハットサンヒター2宝石鑑定より)

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »