« シルバーバーチの霊言 | トップページ | About Jyotish Ⅲ »

2010年11月25日 (木)

音のない音楽、煙のない炎。

-瞑想は新たなるものの不断の開示である。

-瞑想は音のない音楽である。

-瞑想は観察者の存在しない沈黙のことである。

‐ジッドゥー・クリシュナムルティー

(「クリシュナムルティの瞑想録」より平賀出版社)

「瞑想とは何か?結論から言うとそれは生きたまま死ぬことである。もちろん肉体の死ではない。自意識の死、自我の死である。その時自分自身がすべてであったことを了解する。」

「本来のヨーガとは人間が本来帰るべき家-死、沈黙-に意図的に戻ることである」

「何故そんなに瞑想が必要なのか?それは全てのことのバカバカしさに気づくためである。多くの人は世の中のバカバカしさに気付いていない。実に深刻な顔をして生きている。しかし世間を放棄しろと言っているわけではない。むしろ世の中をばかばかしいものだと承知しながら一生懸命働くべきだ。それはいい加減を意味しない。むしろその逆である。」

「ヨーガと呼ばれているものの本当の姿は、本来の静けさの境地に還る、というだけのもの。」

「空という最もパワフルな状態で生きたまま死の家に入るのがヨーガの最高の技法なのである」

(「ジュニャーナ・ヨーガへの道」 高見誠著 森北出版より)

これまでの木曜日に加えて毎週火曜日、午前10時半~12時まで、ご希望の多かった瞑想を主にしたYOGA教室を行ないます。また後日詳細を載せます。

|

« シルバーバーチの霊言 | トップページ | About Jyotish Ⅲ »