« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

新しい年に向けて

  今年も残すところあと僅かとなりました。時間は幻想であり概念に過ぎないのかもしれませんが、もし人生に唯一真実があるとしたらそれは「死」であり、いつか死ぬときが私達に訪れることは絶対です。しかしそれは肉体の死であって、魂は永遠不変であると、古代からインドでは賢者達が伝えてきました。

 瞑想で純粋な意識の場を体験する時、肉体は完全に休息します。機敏さの中で安らぎと内なる至福に満たされ、静寂の中で意識だけが目覚めた状態になりますが、これは死の擬似体験なのかもしれません。死に直面するということは、生をそれまでになく感じることになります。身近な人、親兄弟友人の死もまた「生きる」ことに強烈に向き合うきっかけになります。

自分は何のために生まれてきたのか、なぜ人は逃れない苦しみの中(生・老・病・別・離・死)生きているのか・・だれしも一度はこの素朴な疑問を抱くとは思います。けれども日常生活の中でいつしか紛らわされて、強烈に死を意識することもない代わりに、生もまたなんとなくぼんやりとして、時間と苦しみのやりくりに終至し、感覚を麻痺させることで生命を消耗するゲームをゲームとも思わずに、寿命がつきるまで,繰り返すほかないのでしょうか。これを牢獄と表現する文章に出会ったときに私は、なるほどと腑に落ち、心から納得しました。そして、世界が牢獄であっても、内なる心の平安は誰にも壊すことができない、ということも瞑想を通して体験していました。

 この世界には表にはでていない隠された叡智があります。中でも古代インドのヴェーダの一部門であるジョーティシュは、時の科学として人生を悔いなく生き、そして死ぬための叡智の宝庫です。生と死の素朴な疑問をずっと持ち続けている人、そこからの解放こそが人生の唯一の目的だと感じる人をこの智慧は求めています。そのような人々の助けとなる恩寵の橋渡しとなることが私達の使命です。

 私は21年前から、瞑想を続け、数年前からはチャクラ瞑想や呼吸観察などの伝統的でシンプルな瞑想法をヨーガ体操、呼吸法とともにお伝えしています。瞑想というと特定の宗教と結び付けられがちなため、なかなか一般的な理解を得るのは難しい面もありましたが、最近のヨガブームと持続可能な社会のためのLOHASの普及により、古代の叡智が現代に受け入れられ、純粋な健康法として紹介することができるようなり、すでに誤解を恐れている時代ではなくなりました。

たとえ、誤解があったとしても、恐れず強さを培っていきたいと思います。ジョーティシュを学ぶと、すべては因果律であり、人間関係における誤解などの悲しみや苦しみもまた、カルマの解消であることが理解できるからです。

新しい時代へとシフトする今、まさに2011年はそのカウントダウンの最終章であり、最高度の情報化社会のめまぐるしいスピードとストレスの中で、,内なる安らぎの場から離れがちな今こそ、究極の安らぎ、万物の源に達していくことが求められています。

そして、聖なる存在と繋がるワンネス・ブレッシング(ワンネス・ディクシャ、エネルギーの伝達)は数ある瞑想の中でも素晴しい応用編、上級テクニックであると私は感じています。瞑想はあくまで自分の内面の旅ですが、ワンネス・ブレッシングは熱心に目の前の人、他人を気遣うことです。またの機会にこちらは、ご紹介していきたいと思います。

サットチットアーナンダ
新しい年にすべての生命に平安がありますように。

|

2010年12月24日 (金)

脳の快感中枢A10神経

最近、伊藤武さんのインドシリーズ本を読み返していました。どれも読み応えがありますが、独特の雰囲気あるイラストも豊富でインド文化に興味ある方にはもちろん、そうでない方にも面白い内容です。

世間ではクリスマスということで、ジュエリーが一年で一番売れる時期だと思いますが、当方はほとんど関係なく(笑)いつもと変わらずに、心静かにこの一年お世話になった方や、新しい出会いに感謝しながら過しています。

そんな中読み返していたこのインドシリーズ、「こころを鍛えるインド」 (伊藤武著 講談社)に、幸福とエンドルフィン(脳内快楽物質。現在20種類が知られているが、βエンドルフィンはモルヒネの十倍もの効き目がある)、ヨガと瞑想、インドの智慧と脳の快楽中枢についてふれており、一部抜粋してご紹介します。

(こころを鍛えるインド 伊藤武著 講談社 より以下抜粋)

脳が自ら作り出す麻薬

1975年、イギリスの脳の研究グループが、特筆すべき神経伝達物資を発見した。脳が自ら合成する麻薬の存在をつきとめたのだ。更に追い討ちをかけるようにその3年後、「脳の快感中枢」A10神経が発見された。そしれこちらからは、やはり脳が自ら合成する覚醒剤が分泌されているという。なんのことはない。私たちが外から麻薬や覚醒剤を体内にとりいれなくてもそもそも私達の脳自身がそれを作り出しているというのである。

中略

「幸福」という感情も生理学的には、快楽物質によってもたらされる化学反応であるという。「快楽」と「幸福」は同義である、ということだ。もっとも分かっているのはそこまでで快楽物質がいかなるメカニズムで合成されるのかは、やはり神のみぞしるというこなってしまう。

ともあれすべての生物は快楽を求めて生きている。そして人間の脳には本来、快楽を生み出す機構が備わっている。しかしその快楽を生み出す源泉のひとつ、エンドルフィンが枯渇しかかっている。なぜなら、近代合理主義によって否定され続けてきたから。

だが、今日の私達はドーパミン型一辺倒の快楽が必ずしも「幸福」に結びついていないと感じ始めている。やはりエンドルフィンも必要だということを、生理的に感じ始めている。私達に再び生きる幸福を、生きる快楽を与えてくれるエンドルフィンの、いまや枯渇しかかっている有難い快楽物質の分泌能力を再び高め、必要な時に必要なだけ利用することが出来ないだろうか。

中略

エンドルフィンが分泌される時、表層意識の働きが抑制され、深層意識が浮かび上がってくる。その状態を意識的に作り出してやればいいのだ。これはつまり我を忘れてみる、ということだ。我を忘れる(三昧、ざんまい、と呼ばれる状態)のとき、エンドルフィンは確実に分泌される。三昧はサンスクリット語のサマーディーの音訳で瞑想の対象と自分が一体になっている状態をいう。

難しく考えることはない。読書三昧、釣り三昧などというではないか。書を読むうちに物語の中に入りこみ我を忘れている状態。釣りをしているうちに竿を握っていることも忘れ、ただ釣りだけがある、そんな状態。それは至福のときでもある。このとき、脳波はアルファー派になっているはずだ。脳の最高の状態だ。集中力、注意力、状況判断に優れ、これによって体力を無駄なく最大の効率で使うことが出来る。

我を忘れるとは言っても我を失うのではない。自覚はある。自我を忘れるのだ。「古い脳」の働きが活性化するとそうなる。

|

2010年12月16日 (木)

Order Jewelry38

20101216_001

2010121_001 20101216_005

上:ブルーサファイヤ2ctUP/silver加工  C様

中:イエローサファイヤ計4ctUP/K18加工 K様

下:シトリントパーズ(イエローサファイヤ代用石)6ctUP/K18加工艶消し仕上げ T様

|

2010年12月 9日 (木)

Order Jewelry37

2010121_002

イエローサファイヤ3カラットUP 福岡県A様

お母様の形見のチェーンに合わせました。

|

2010年12月 3日 (金)

About Jyotish Ⅲ

 普通、人は目覚め、眠り、夢という三つの意識状態の繰り返しによって一生を終えますが、この三つの意識以外に第四の意識状態である純粋意識と呼ばれる純粋知性の場があります。非具象の場、至福の場、物理学でいう統一場は瞑想を通して実は誰でも体験することが出来ます。

私が最初に習ったのは丁度今から21年前、ビートルズのメンバーに瞑想を教え、アーユルヴェーダをはじめ古代インドの智慧を現代に復活させたマハリシマヘーシュ・ヨーギの普及したシンプルな瞑想法でした。

瞑想は根に養分をやることだといいます。その根とは何を意味するのでしょうか。個人の内深くに存在する統一と宇宙の万物は結びついている、ということをアハン・ブラフマースミ(私は宇宙的である)とヴェーダ文献には表現されています。ジョーティシュはその知性の全知のレベルから生まれました。

この全知のレベルは ジョーティシュ・マティ・プラギャと呼ばれ、ジョーティシュ(生命の光の意)は、全知のレベルからカルマの影響をあらゆる角度から推し量り、過去、現在、未来を知るための科学と技術であり、科学として体系づけられた数学的な厳密さによって、正確な予想を行なうことができるとされています。

この時の周期に関する知識、自然法の複雑な働きは、九つのグラハ(惑星) 十二のラーシ(星座) 二十七のナクシャトラ(月宿)の三つの要素から成り立ちます。

「人間の成長と進歩、そして森羅万象のすべては惑星によって管理されている。」(ブリハット・パラシャラホラシャストラ)と古典に記されています。ジョーティシュを学ぶことで、過去・現在・未来の全ての知識を包含できるように、自分の運命を完全に支配できる状態へと意識を高めていくのです。

ジョーティシュは誕生時の東の地平線上に昇る星座を上昇星座としますが、これは約2時間おきに変わります。また、地軸の傾きのすりこぎ運動を考慮するのが西洋占星術とは大きく異なる点です。

西洋占星術では誕生した時の太陽の位置(一ヶ月間もの間星座に留まる)と太陽系の惑星を使いますが、ジョーティシュでは地球から見た太陽の軌道と月の軌道の交点にあたるラーフ(ドラゴンヘッド)月の昇交点とケートゥ(ドラゴンテール)月の降交点も惑星とみなします。

ジョーティシュを学ぶには、瞑想で純粋知性の場を体験することが前提となります。ラクシュミジュエリーでは毎週火曜・木曜に行なっているヨガや、ジュエリーを納品する際の、プージャーの時に誰でも出来るシンプルで効果的な瞑想をお教えしています。

瞑想は知能を高め、記憶力をよくするなどの能力開発だけでなく心と体のバランスを良くし、心身症の予防、様々な病気に対する抵抗力を強めるなどの研究結果があります。また、座して行なうだけでなく、24時間気づきを深めることが真の瞑想となります。文明が最高度に発達した今こそこの智慧が生かされる時だと思います。

                                                                                          Jai Gur Dev.

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »