« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月24日 (木)

真に生きるとは?2

 前回、のけぞってしまった、というのも、「ONENESS ON THE EARTH VOL.1」のなかで、カルキバガヴァンは、自分はムクティ(悟り)に関する専門家、テクニシャン(技術者)、マスター、プロフェッショナルであり、優れた指導者であるならば、探求者にまず悟りの状態を与え、それから教えを与えるべきで、もしその意識状態を与えることが出来ないのなら、それに付いて語る権利はない」

と、更に私はこれまで教えを説いてきたマスターと違い、それ(悟り)を簡単に人々に与えることが出来る」と明言、あるいみ豪語?しているのです。

・・・・・、「あなたは決して自分でそこに到達することは出来ません。それは与えられるべきものです。」

この言葉には、う~んそうなのかなあ・・・と考えさせれれました。それは世間では依存というのではないか、やっぱり人間努力も必要じゃないか、長年瞑想や修行をして到達するのではないか?などと当然疑問に思いました。

しかし、当時子育て真っ最中だった私は、この真の意味を少しづつ理解する機会がありました。

周りをみても、賢い親であれば、子供が自分の力でがんばっているときには一切手出しをせず見守っているものです。もし、そんな時に干渉したり、先回りしてなんでも叶えてあげたら、その子供はスポイルされてしまい、何も体験から学べません。時には痛い思いをさせても見守るのが親の愛と言えます。

しかし、本当にその子供が100%お手上げ状態の時には、親は必ずや喜んで助けになり、そのとき、親子間には信頼関係が築かれていくのを見てきました。

「悟りの状態とは、私たちが自力で達成できるものではなく、高次の次元からのハプニングとして与えられるべきものです。人類の歴史の中で、多くの人々が悟りを得てきましたが、その状態を与えられてきただけです。」

とバガヴァンは述べ、ついに2003年8月から、実際にディクシャ(ブレッシング)という手法を提供しだしました。

これは具体的には、ある特別な瞑想に入り、目の前の人物とワンネス(一体化)した状態で頭頂に軽く触れ、(触れずに行なう遠隔方法もありますが)脳の物理的な状態を変化させ、苦しみのマインド(思考、思考パターン 条件付けなど)を超える意識状態に変容させ、日常的に気づきを深めプロセスの扉を開いていく、というインドでは伝統的な方法ですが、私はそれを、にわかに信じることはできませんでした。

当時、先駆けてインドでこの手法を学んできた夫は、本業のインド占星術の鑑定の傍ら、これを広げることを使命として、会を都心で定期的に開き熱心に活動しはじめました。

徐々に東京の一部では有名なヒーラーやヨガの指導者の方々も紹介しだして、ディクシャ・ブームの波が広がっていた時期でした。様々なメディアで紹介され、インドからお弟子さんも来日されてイベントが催されていました。今から丁度5~6年前です。

しかし私は、ムーブメント自体に違和感と、生来のあまのじゃく傾向もあって(笑)、離れて醒めてみていました。夫婦間の温度差が生じ始め、苦しみが募る一方という皮肉な状態でした。

「人間関係の問題は、心理学によって解決することは不可能です。他人を完全に理解しようとするどんな努力も助けになることはありません。・・・・・・・・、分析し、理解しようとしても無意味です。分析は麻痺状態をもたらすだけです。

どんな人も絶えず他の人を理解しようとしたり、分析しようとしたり、ジャッジしようとしています。そんな中で相手を変えようともがいています。

残念なことに相手を変えることが不可能だということに気付いていないのです。・・・・ここで本当に必要なことは相手を体験するということです。」

ワンネスVOL1の32ページから引用です。人間関係を例に、バガヴァンは出来事をそのまま体験する、という人生における究極の方法を解説しています。この本をまだ読んだ事のない方は是非入手できなくなる前に読まれることをお薦めしたいです。(すでに廃版です)

心理学の分析、理解が全くの無意味だ、ということもないと私は思いますが、確かにそれで解決する部分は表面的で、深いレベルで、真の人間関係における愛、調和に至る事は難しいことはイヤと言うほど体験から分かっていました。

無意識に、マインド(思考、思考パターン)が働いて、相手をコントロールしようとしている、もしくはコントロールされまいとしているゲームに私達は常に興じていることに気付けないのです。

このマインドゲームは6つのタイプとして、バガヴァンはさらに詳細に解説しています。また機会をあらためて紹介したいと思いますが、これに気付くことができれけば、人間関係という繊細な織物にできたほころびを、それ以上広げることなく、最小限度に留めて修復していく方向にマインドを有効利用していく、ということです。

自分の体験として、今でも鮮明に覚えていることがあります。

あるとき、いつものように夫と何かで口論していました。いつも私は心の中で夫をジャッジし、非難し、いかに自分が正しいか、傷ついたか、ということをアピールし、謝らせてエゴを満足させようとするのですが、その時、突然、突如として、夫の感情がそのまま私の感情になりました。

これは劇的な体験で、私は何が起こったのがわからなかったのですが、唯一つ確かなのは、それ以上夫を責めることは、口論を続けることは不可能になったのです。

なぜなら、夫=私でそれは完全に同一化しているため、夫の悲しみは自分のそれなのでそれ以上自分を傷つけることは不可能になったのです。それは何度も何度も(多分前世を通して)繰り返されてきた事だと思います。

これは、まさにこの、相手を理解しようとしたり、分析しようとするのではなく、相手を体験する、ということがハプニングとして起こった瞬間でした。このワンネスの一瞥はありましたが、存在の苦しみ、と言われる究極の虚しさ、悲しみがものごころついた時からずっと私の人生の根底に流れていて、この流れを「見る」に至るにはまだ、何年もの時間がかかるのでした。

また次回に続きたいと思います。

|

2011年2月17日 (木)

真に生きるとは?

ONENESS ON THE EARTH VOL.1&2

南インドに実在し、インド国内のみならず世界中に賛同者を増やしながら、多くの人を苦しみから解放し続けている現役の指導者カルキ・バガヴァン。2005年に刊行され、新しい時代を開く叡智とその手法であるディクシャが紹介されました。薄い本ですが、非常に深遠な叡智と、インドの賢人の教えに覚えのある人には、えっとのけぞってしまうような(笑)ある意味革命的かつ衝撃的な内容であると言っても過言ではないと思います。

私が知人の紹介で夫とともに、縁あって南インドの素朴な田舎町、サティヤローカでバガヴァンにお会いし、来るべき「ワンネスムーブメント」の片鱗に触れたのは遡って2000年末、それは「信じる」ものでも、頭で理解するものでもなく、個人的な根源からの苦しみ、孤独さ、悲しみに向き合うことから始まり、徐々にプロセスが進行していきました。

たくさんの学びと体験が必要だったようで、私がそれをガイドできるようになるには、11年もの時間が必要でしたが、やっと、そのときがめぐってきたように思う今日この頃です。

 悟りというと、大げさで、宗教めいていて、全く自分と縁のない遠いことに思っていましたが、バガヴァンのいう悟りは、自然な状態を生きている人間、真に生きている人間をさしています。

VOL.1より抜粋

「苦しみは恩寵です。なぜならそこから人は悟りを求めはじめることができるからです。

何かを見る時に介入なくして見れる状態、それがムクティ(悟り)です。

何かを聞いている時にマインド(思考、思考パターン)の介入なくして聞いている状態、それを悟りといいます。

同じように匂いをかぐことも、触れることも、さらには考えることにさえも同じことが言えます。

実際、考えに対しても巻き込まれずにそれを観察している状態があります。

真に生きている、と言えるのはそういった状態の人です。

逆にマインドのコントロール下に置かれている人は生きているとは言えません。

マインドの介入の無い状態の人こそ本当に生きていると言えるのです。

人々が「生きる目的とは何でしょう」と質問することがありますが、私の答えはこうです。

「もしあなたが本当に生きているとしたら、その質問は出てきません。生きる目的は生きることです。」

その意味は、感覚(五感)が生きる、と言う意味です。感覚(五感)がマインドから独立して自由になっていなければなりません。

完全な感覚の解放、マインドのコントロールからの解放です。

皆さんはたえず五感を通して現実を知覚していますが、現状ではそれを全く体験できていません。

どんなデータが入ってきても、常に解釈を加えながらコメントしているだけです。

木を見ながらこれは大きい木だ、小さい木だ、緑の木だ、マンゴーの木だ、といいながらたえず木に対してコメントしているだけです。

たとえば座ってご飯を食べるときでも、会社のことを考え始めます。そして家族のことを考えたり、食べ物自体に対するコメントを繰り返しているばかりで、食べ物を体験していません。

それだからこそ物事を体験したときにはそれこそが至福の体験になります。

必要なとき以外は、考えが私達の人生の現実体験に介入する必要はないのです。

感覚(五感)が考えやマインドのコントロールから自由になったときこそ、私達は無条件の喜び、無条件の愛を発見できます。

そしてその喜びの中ですべての人とつながっている感覚を体験します。

その中で真の愛を発見しますが、真の愛と喜びは別々のものではなく、全く同じひとつのものです。

そしてそれは自然に起こるものです。私達はもともとそのように設計されています。

人間は絶えずそれを体験できるようにできているのです。

しかしそれが絶えず体験できないために、人生がとてもつらいものになってしまっています。

そしてその苦しみを避けるために様々な逃避ルートを作り出しています。

その苦しみというのは、現実を体験していないことからきています。

その逃避ルートとしてお酒やドラッグや性行為に走っているわけです。」

「悟りの状態とは、私達が自力で達成できるものではなく、高次の次元からの働きかけによって、ハプニングとして与えられるべきものなのです。

今までも多くの人々が(仏陀・キリストなど)悟りを得てきましたが、すべてその状態を与えられてきただけです。」fullmoon

|

2011年2月11日 (金)

中一素食店&健福

先日、久しぶりに東京・立川の駅ビル内、台湾素食レストラン健福http://www.nakaichifoods.co.jp/index.htmlに食材の購入がてら訪れました。

素食とは、肉・魚・卵などを使わずに作った、ベジタリアン向けの台湾菜食料理のことです。10年ほど前に台湾を訪れたときに、町のあちこちに素食レストランや、量り売りのお店があり、食事時ともなると老若男女、多くの人で賑わい、インドほどではないにしても、素食人口が多く一般的であることに驚きました。

素食は豆腐や湯葉を使った料理がとても美味しいのです。日本にも素晴らしい精進料理がありますが、日常的な食事としては一般的ではありません。台湾素食は普通の中華料理と見た目や味が変わらないように工夫が凝らされながら、ニラ、にんにく、ねぎ、らっきょうなどの五とよばれる刺激物を一切使わず、野菜、大豆たんぱく、グルテン、ゆば、こんにゃくなどを素材にボリュームある中華料理を楽しむことができます。

健福の店頭では、ベジタリアンキムチやソイミート、ラーメンなどの食材も購入できます。中国産の大豆は遺伝子組み換えが進んでいますが、製品には全てNO GMO(非遺伝子組み換え)の表示があります。

私はレストランのメニューの中ではパクチの香りも芳しいワンタンスープと野菜饅がお気に入りです。東京では立川のほかに国立に本店の中一素食店があり、銀座のデパート地下でもお惣菜やお弁当を販売しているようです。

ここ最近は日本でもベジタリアン専門の雑誌が創刊されるなど、菜食のライフスタイルが広まってきました。アメリカの都心部では健康志向が高まり、子供の肥満が深刻な問題でもあるせいか学校の給食もベジ、ノンベジと選べるところが増えてきている、と数年前に聞きました。日本でも10年後にはそのようになっているかもしれません。

私自身は、10代の終わりまでは菜食ではありませんでしたが、二十歳をすぎてから子供の頃罹ったアトピー性皮膚炎が再発し、抗生物質で抑えていたのが噴出しはじめ、顔は真っ赤、胸、足や腕の関節に激しいかゆみを伴う炎症がどんどん広がり、夜もかゆみで眠れず、仕事や勉強にも支障がではじめ、正視に耐えない姿で地獄のような数年を過ごしました。

その時に、自然療法を調べて、アーユルヴェーダ関連の著書で有名な、当時東京で診察をされていた上馬場和夫先生にアドバイス頂いたのをきっかけに、菜食に切り替えていきました。

当時はヨーガの勉強の傍らアルバイトを早朝5時半から、夜9時までと三つ掛け持ちして休みは月に1日という日々で、家でゆっくり料理をするなど夢のまた夢でした。

昼も夜も食費を浮かすためにアルバイト先はパン屋やレストランなどまかないのでるところを選んでいたくらいで、なかなか菜食、と贅沢を言える状況ではなかったのですが、もともと美味しいものに目がなく、料理も好きだったので、将来のために菜食でもおいしいレシピを調べに、図書館で菜食料理の本を借りてきては眺め、レシピ帳を作るのがささやかな楽しみでした。

実際に夢がかなうのにはそれから数年の時がたち、生まれついての菜食、だった夫と知り合い、結婚して料理ができるようになりました。日本発のマクロビオティックの身土不二と陰陽、オージャスという栄養素の概念を持つアーユルヴェーダなど勉強しながら、喜んで食べてくれる人がいると研究のしがいもありました。

自分のアトピーは、すっかり菜食にして治りましたが、出産後には、今度は息子がアトピーに罹り、小さな身体をかきむしってはなき叫び、夜も昼もゆっくり寝れない日々がまた3年くらい続きました。その頃の写真を見ると、掻いて血だらけになるので息子の手には包帯や手袋をしていて苦しかった日々を思い出します。

そんな時、知り合いに、ナチュラル・ハイジーンという食事療法をたまたま教えてもらいました。これは、菜食でも酵素や食べ合わせに関する栄養学で、当時どんな離乳食でも炎症がひどくなる息子に、だめもとで試したところ、目に見えてよくなったのをきっかけに、菜食でもよりシンプルに、果物や野菜、穀物の素材を生かすように変化しました。

親子ともどもアトピーで苦労もありましたが、より自然志向になったことは、今思えば恩寵だったと思います。

空腹は最高のスパイスというのは真理だと最近思います。食べる喜びと同じくらい、食べない喜びがあると自由です。一見飽食の現代、本当に空腹を感じる機会が減って内臓は酷使されています。ジョーティシュの運命改善法でも指定曜日に半断食を勧めます。液体のみ(新鮮な果物ジュースや野菜のスープを漉したもの)だけで一日過ごします。完全な断食ではないので無理なくすごすことができます。

液体のみの半断食でも、その後は、当たり前だった「食べること」が、感動的な体験となり、心身の浄化とともに、人生をより豊かに生きる特効薬だと思う次第です。世界にはプラーナ(気)だけで長年生きている人が実際にいるのも不思議ではありません。

昨日のブログではインフルエンザの予防接種について書きましたが、予防接種にNOといえるためには、普段の生活のなかで、免疫力を損なわないよう、自然治癒力を高める食事や、ストレスを解消するための自分なりの方法を探る必要があります。それは千差万別、これが正しい、といえることはありませんが、極端に走らず、中庸のバランス感覚を磨いて体験や学びをシェアできれば幸いです。

お勧め図書 左から
「フィットフォーライフ」 全米で大ヒットの栄養学、だけに留まらない栄養学!必読。mixiにて、「菜食&ナチュラルハイジーン」コミュでも情報交換しています。現在4千五百人以上の参加者がいます。

「マクロビオティックのお弁当」 おいしいお弁当づくりに。冷めるほどおいしいのは、やはりおしょうゆ味のマクロビオティック系ですね。

「アーユルヴェーダの食事療法」分厚い一冊ですが好奇心をくすぐられる楽しい料理本。

「塩料理」ありとあらゆるシンプルな菜食料理が載っているお勧め本。私がキッチンで一番よく開く本です。最後の索引も便利。

「聖なる食物」光だけで生きている著者。「性から聖へ」ともリンクしていきます。

「インドの生命科学 アーユルヴェーダ」文中の上馬場和夫先生の著書です。入門にお勧め。

|

2011年2月10日 (木)

インフルエンザ予防接種について知っておきたいこと

 先日、九州に離れて住む一人暮らしの父が、流行る前にインフルエンザの予防接種を受けたから安心だ、と言うので、暗澹たるおもいにかられてしまいました。私はインフルエンザワクチンは全く無意味、なだけでなく害ですらあると以前から認識しています。しかし、高齢の父は自分が罹って迷惑を周りに掛けないようにと配慮しての事であり、私は何も言うことはできませんでした。

もちろん、接種するもしないも最後に選ぶのは本人の自由です。しかし、マスコミとその背後で利益を拝する者にコントロールされた情報だけでなく、まったくその利益関係から離れたところからの、真の、良心からの情報を見聞きした上で、選択されなければなりません。

インターネットの普及は、ディスプレイ中毒者を老いも若き作り出し、人間のコミュニケーションを希薄にするなど弊害も大きいですが、これまで公にならなかった情報が手に入るようになった功はとても大きいと思います。

少し検索してみたので、下に紹介します。

「常識とは18歳までに身に着けた偏見の寄せ集めにすぎない」Byアルバートアインシュタイン

sign01インフルエンザワクチンなぜ効かないか、なぜ危険か、を科学的に説明し、新型インフルエンザ・パンデミックとそれを取り巻く巨大な国際社会の仕組みについての理解。前半・後半どちらも必読。http://www.thinker-japan.sakura.ne.jp/dontvaccinated.html

sign01 間違いだらけの予防接種http://www4.airnet.ne.jp/abe/vaccine/tocmatigai.html

sign01社会防衛論の見地だけではなく個人防衛の見地からも、予防接種は無効、無用としか結論できないhttp://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/seijinbyou/148infuruenzawakutinn.htm

|

2011年2月 3日 (木)

梅が咲いていました

500ks147s_3

  弊社は東京・練馬区の大泉学園から八王子に引越して12年たちます。当初はJR中央線の西八王子駅が最寄でしたが、自然豊かで静寂な高尾山に魅かれ、めじろ台に移転し5年がすぎました。閑静な住宅街ですが、近くには八王子百景にも選ばれた美しい浅川が流れ、古き良き多摩の面影残す自然豊かな環境です。この季節、川沿いに連なる梅の花の香り包まれながら、西八王子方面へと散歩するのがお気に入りのコースです。この辺りは京王線で新宿・渋谷へ、またJR中央線の西八王子・高尾も徒歩圏内と、静寂さがありながら便利さにも恵まれています。近辺には良心的なお店等も多く、日頃お世話になっているところや、お勧めをご紹介します。また、徒歩圏内に続々増えて、今のところ6件もインド料理屋があります。お好きな方は来店の際お尋ねください。

clover生活舎 やさい畑http://www.din.or.jp/~yasai/yasai/y_f.htm

週に一度、八王子産・朝どりの超元気な野菜を届けて頂いています。地元の農家を応援する姿勢に共感します。

cloverイノチの糧やhttp://www.inochi.co.jp/shopdetail-00001.html

都内でも老舗な自然食品店。こじんまりしながら品揃え豊富。ここが弊社から一番近いお店とは!毎月送られてくるニューズペーパー「あらそうなの伝言板」は、裏社会情報?も。

clover花のゴトウ園http://local.yahoo.co.jp/detail/spot/ecc414b06454e23aa86005fdac4b64ea/

新鮮なお花を格安で販売している良心店。レジ前にあるお買い得品は立派な薔薇が10本前後で300円。御蔭でいつもいい香りのお花をたっぷりとサロンには生けています。穴場。

clover高尾山http://www.takaotozan.co.jp/index.htm

昨今の人気急上昇振りで、あまりの人の多さに驚きですが、ひっそりと幻想的な秘密の場所に、サラスワティー(弁財天)がおまつりされているのを今年のお正月に発見しました!

cloverつちのこくらぶhttp://homepage2.nifty.com/tutinoko/

  風の子幼児園http://www.189kazenoko.com/

息子がお世話になった幼児園。両方とも園舎を持たず、バスで八王子~神奈川の自然豊かな山や川で遊びまくる、「毎日遠足」な園です。少人数で異年齢のかかわりの中、楽しく、逞しく貴重な幼児期を過ごせたことに感謝しています。

clover秋山温泉http://www.akiyamaonsen.com/

当方からは車で約1時間ほど。近所にも温泉は多数ありますが、こちらは緑に囲まれた温泉と、屋外に井戸水の温水プールがあり、塩素フリーの温かいお湯で真冬に水泳を楽しむことが出来るのが素晴しく、よく利用しています。

clover英語でエンジョイ日誌http://blog.livedoor.jp/a639076349/

八王子とは関係ないのですが(笑)日頃お世話になっている英会話の先生のブログです。私は学生時代に受験勉強ですっかり英語嫌いになり、仕事で必要にもかかわらず、英会話が弱点でしたが、去年テリー先生と出会い、突如として英語脳を育てる恩寵が流れはじめました。子供向けの英語劇の素敵なエリザベス姿にますます惚れ直した、素敵な先生です。

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »