« ネットと宝石 | トップページ | 翻訳協力募集! »

2012年9月13日 (木)

日本アーユルヴェーダスクールで

去る9月11日、東京日本橋にある、日本アーユルヴェーダスクールhttp://www.ayv-school.com/で、「アーユルヴェーダの毛髪診断とヘアケア」と題する勉強会に参加してきました。このような勉強会に参加するのは久しぶりで、気持ち新たにアーユルヴェーダって心地いいな~好きだなあとの思いを蘇らさせてもらいました。
スクールのビルの屋上で、アーユルヴェーダのトリートメントなどに使用するアロエやトゥルシーなどのハーブを育てているそうで、勉強会の合間に出されるお茶菓子も手作り、手間隙かけた贅沢さに大切な何かを思い出しました。
毛髪の役割の深遠さ、体毛の一本一本にも侮れない力と働きの潜在力を秘めていること、実際的なヘアケアの実習も含め充実の内容でした。

私がアーユルヴェーダを集中的に学んだのは、1994年から5年ほど、実際に自身の健康回復のため、(アトピー性皮膚炎など)当時関東近辺で開催された、アーユルヴェーダと名のつく勉強会にはほとんど毎月のように参加し、手に入る限りの関連書籍を読み、実際に診察やトリートメントを受け、その費用捻出のためアルバイトを掛け持ちしていた20代でした。
その後、健康面も回復し、アーユルヴェーダだけに飽き足らずそのほかのヴェーダ、東洋医学や自然療法、西洋の最新栄養学など、様々研究していましたが、アーユルヴェーダにおいては姉妹、兄弟関係にあるジョーティシュに関連した仕事をするようになるなど、アーユルヴェーダ的な生活が当たり前のようになりました。そんな中、ちょっとしたアーユルヴェーダブームの時などは(インドエステなどでも有名になりました)あえて客観的になっていたときもありましたが、文明が発達し、自然のサイクルからどんどん逸脱しがちな現代において、宇宙の一部である私たちの本質的なところにアプローチするこの古くて新しい智慧をまた改めて学びたくなりました。

|

« ネットと宝石 | トップページ | 翻訳協力募集! »