« 2012年11月 | トップページ | 2013年3月 »

2012年12月22日 (土)

シトリントパーズ/オーダー品&アクセサリーについての考察

 

Dsc01495
             シトリントパーズ/k18ペンダントトップ M様 

 

 着こなし上手といわれる人が、三つの要素(布・金属・皮や光沢のある人工素材など)の中で一番重要視するのが、実はアクセサリーの部分なのである。アクセサリーは様々な素材でできているが、主たるものは金属である。金属は文字通り光るもの、いや光そのもののような素材である。この光を加えることによって、布はまるで質感を変えてしまう。空にまで舞い上がるような軽さを持ち、洋服は本来の美しさになるのである。

 ベルトやハンドバックはいわば実用品といえるだろう。その点、アクセサリーに実用感はないが、アクセサリーの全くついていない洋装は、調味料のない料理と同様、なんとも大味でうまみがない。
小さな金属のイヤリングがついているだけでほっと救われ、味のある着こなしになるのはやってみればすぐにわかる。

 名料理人が料理の味付けに腐心するように、着こなしの美味い人は洋服という本体もさることながら、調味料たるアクセサリーの使い方に全力をあげる。
同じ服がアクセサリーの使い方ひとつで、別の服のように表情を変えるし、良くも悪くもなるのである。

 実用品でないだけに、つける数に制限のないのがアクセサリーでもある。が、だからといってありったけつけていいかというと、これはうるさくなるだけ。
適材適所、必要なところに必要なだけ、それこそ隠し味のように用いるのをよしとする。

 アクセサリーのつけ方にルールはない。しかし、何をどうやってもいいと言われても、まさしく自由の中の不自由で、見当がつかない場合がある。
(中略)

自分自身の目で決めるのだ。いや、それはイヤリングに限ったことではない。ネックレスでもブレスレットでも、それを決めるのは、つける人の修練なのである。

 失敗もあろうが、それを恐れてはいけない。アクセサリーをつける、それも似合うようにつけるにはそれしか方法がないのだから。
その意味でも、アクセサリーは簡単には買ってはいけない。

(中略)

 イヤリングが無事耳についたからと安心して求める人がいるが、彼女は何を買ったと思っているのだろう。アクセサリーというものは、場合によっては逆効果をうむことがある。付けてるものが全く余計なものになってしまう恐ろしさが
(中略)

 アクセサリーの本来は、洋服と調和することにある。たとえメッキであろうと、プラスチックであろうと、ガラス玉であろうと、服とぴったり息の合ったアクセサリーは本物の素材を凌駕してあまりあると信じていただきたい。
「本物より光り輝く偽物がある」といったのは、泥棒作家とあだ名されたフランスのジャン・ジュネであった。

 アクセサリーというものの生命は、つけた人に似合うことである。そのためにも自分自身の目を鍛えて、本物以上の輝きを見出す目を養ってほしい。

もしそういうアクセサリーが、幸運にも本物の素材、本物の細工で手に入ったとしたら、それこそ一生を通して得がたい財産となる。しかも、本物の素材の場合は、年を経るにつれてよくなる。いくら本物の金や銀でも、新しいうちは細工の隅々まで光り輝いて、落ち着かないものである。それが二、三年もすると翳りが生じて、深く沈むような厚みが出てくる。そうした年代の重なりが汚らしくなるどころか、益々質の良さににじみでるのが本物の素材のいいところ
衣服が新しくてなじまないとき、使い込んで年代を経たアクセサリーがしっかり衣服に溶け込んで着やすくしてくれるのも紛れもない事実だ。

 欧米では着こなしの中で、アクセサリーが重要な要素をしめている。アクセサリーを身につけるために服を着る、という逆の発想も少なくない。服はいずれすてなければならない消耗品だが、金属のアクセサリーは何代にもわたって永久に使用できる。
 アクセサリーaccessoryという英語の意味の中に「共犯」という言葉がある。まさしくアクセサリーは共犯者。あなたを貴方以上にみせてしまう、共犯者なのである。

以上、「着るということ」 水野正夫 1996年 藍書房 より、アクセサリーに関する章からご紹介しました。
私の愛読書のうちの
一冊です。
ジョーティシュ・ジュエリーとしてオーダー製作され
たジュエリーは、まさにこの、一生を通して得がたい財産と呼べる唯一のアクセサリーである、と私は思います。その幸運を分かち合えることに幸せを感じます。


 

|

2012年12月11日 (火)

特選国産本真珠 最高品質 6ctUP大珠

Dsc01504

 創業23周年記念感謝キャンペーンとして、写真掲載3点限定ですが、最高の特選品を、5%(消費税分)割り引いてご提供します。この機会に6ミリアップの本真珠をお求めください。

Dsc01508
Dsc01503

 

|

2012年12月 8日 (土)

ブルーサファイヤ オーダー品

Dsc01450
              Unheat Blue Sapphire 2ct up/silver M様納品

普段使いやすいように、爪を丸く調整しています。石のカット・色を生かして希少な非加熱ブルーサファイヤを繊細なリングに加工しました。

|

2012年12月 4日 (火)

海からの宝物

サンゴ(珊瑚)の危機  

白化現象 

 近年、沖縄県八重山諸島近海や世界遺産に認定されたサンゴ礁であるオーストラリアグレートバリアリーフでは海水温の上昇が原因とみられるサンゴの白化現象が発生し、大きな問題となっている。

サンゴは海水温が30度を越すと、サンゴと共生する褐虫藻が減少し、白化現象が発生する。サンゴは、この褐虫藻の光合成に頼ってエネルギーを補給しているが、これが失われるとサンゴは白化し、長期間続くとサンゴは死滅する。この被害が顕著であった1998年2007年はマスコミからも大きく取り上げられ、サンゴの危機が全国に報じられた。

この海水温上昇の原因は地球温暖化が関係しているとされているが、1998年と2007年は東南アジアからフィリピンの東沖の海水温が上昇するエルニーニョ現象が発生しており、八重山諸島近海の海水温も平年より高い状態であり、30度を越す海域も例年以上に広かったことも原因として挙げられている。

また、日焼け止めに含まれるパラベンなどの成分が引き金となり低濃度でもサンゴの白化を誘発することが確かめられており、また、藍藻に有害なウイルスの増殖の誘発が同時に確認されているという[1]。 しかし、サンゴの専門家であるRobert van Woesikによれば、この研究は実際の環境を反映しておらず、サンゴは白化を起こすほどの濃度にさらされないだろうとしている。I
以上ウィキペディアより
引用

Dsc00502

                カーネリアン/k18ペンダント加工
                赤珊瑚/代用石リストはこちらから

 LAXMI JEWELRYでは、国産(高知沖産)の最高品質の血赤珊瑚をジョーティシュ用に特注で産地から仕入れ、格安にて供給しています。
が、血赤の最高級品は台湾や中国の富裕層に吉兆な宝石として人気が高く、2国の発展に伴い去年から今年にかけても、値段が激しく高騰しています。
しばらく新しい入荷のめどが立ちませんが、在庫はいくつかまだ残っています。
代用石のカーネリアンも赤珊瑚に遜色のない綺麗な色のものを厳選しています。
弊社でも、地球資源の保護と環境保全のために、微力でもできることから行いたいと思います。

|

2012年12月 3日 (月)

感謝のお手紙

Dsc00196

サロンから望む日の出

Agnihotra:日の出・日の入りに行うホウマの解説

Dsc00240
Dsc01379

 ジュエリーを作成された方からいただいたお手紙
最近はメールが多くなりましたが、少し前まで、頂いていたお手紙はすべて大切に宝箱の中に入れて、祭壇においています。
保管しているお手紙は、いつかAgnihotraの火で感謝を込めてお炊き上げしたいと思います。

 

|

2012年12月 2日 (日)

現代日本におけるアーユルヴェーダ

古典記載の科学的検証の必要性

日本においてアーユルヴェーダを活用する場合の問題点 上馬場和夫先生他

 アーユルヴェーダの基であるヴェーダは元は古代吟唱を通して伝えられたそうですが、文章としてサンスクリット語で記載され、英語、日本語と翻訳されるうちに時代とともに意味が異なって伝わってしまう可能性もあったといいます。
また、現代の食生活との違いなど、誰しも思う疑問点がいくつか記載されていましたので、ご参考ください。

 上馬場先生といえば、著書も沢山出していらっしゃいますが、岡本記念クリニックにおいて(20年位前)に何度か脈診をしてもらって以来、色々とお礼参りもかねて
目黒のハタイクリニックにて今も診察していらっしゃるという情報を得たので、先々月に早速行ってきました。

Dsc01379 Dsc00995

|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年3月 »