« 生きた芸術 | トップページ | ブルーサファイヤリング/納品したオーダー品 »

2013年12月17日 (火)

毎週木曜日:アグニホートラ瞑想

Photo
日の出と日の入り時間に合わせて行うアグニホートラ(護摩の原型 火祀)を、
これまで何度か紹介してきました。
環境浄化として世界各地で行われていますが、規則的に朝夕、ホートラと瞑想を
併せて行うことで、深い精妙なレベルで躍動と静寂を体験し、サーカディアンリズム
(太陽サイクル)と同調し、心身の健康に多大な恩恵があります。
特に、不眠症、うつ、不安感、消失願望、依存症傾向のある方には有効です。
瞑想の仕方とチャンティング(サンスクリット語で、朝夕それぞれマントラがあります)は御指導します。瞑想が全く初めての方もOKです。お気軽に一度ご参加ください。

one日時・毎週木曜日 日の入り時間前後1時間
その日のアグニホートラタイム(日の入り15分前)よりヨーガアーサナと瞑想を行います。
冬期は4時半前後です。お問い合わせください。
two参加費 ドネーション(お志)
three場所 LAXMI JEWELRYサロン(東京都八王子市)にて
fourお申し込み jyotishgem@@yahoo.co.jp (@を一つ消してください)
          090-7217-8293 はりたま(渡辺 香奈子)

「ジャイミニーヤ・ブラーフマナ」という、古代インドの聖典にヴァルナ(天界)の息子ブリグの地獄遍歴という有名な物語があります。 「呼吸を失い、かの世界に赴いた」ブリグが見た、いくつもの恐ろしい光景を父に報告すると、 「死界での運命は生前にアグニホートラ祭(祀)を行ったか否かにかかっている..中略..祭り(祀り)を正しくおこなったものが、わが世界(ヴァルナ=天界の世界)に至る、、、」 最初は植物の成長に著しい効果がある、というのが興味をもったきっかけだったアグニホートラが、後世インドで有名となる業報の思想が見られる古典に、このように描写されているとはビックリです。 アグニホートラを儀式としてだけでなく、ヨーガとしての広義解釈もできますがとても驚きました。 参考図書 インド宇宙論大全   定方 晟著 春秋社

V5h7p001021

アグニホートラについて、分かりやすく紹介しているページです
http://www3.ocn.ne.jp/~runru/sub6.htm/aguni/aguni.htm

|

« 生きた芸術 | トップページ | ブルーサファイヤリング/納品したオーダー品 »