« 岩塩梅干し | トップページ | 八王子ヨーガファンクラブ »

2014年7月19日 (土)

占星術の三つの範囲を知る

インド占星術はあたりすぎるから受けるのが怖い、と先日知り合ったかたに言われました。
感受性の高い方、その精度を知る人ほど鑑定を簡単には受けないのも頷けます。

けれども様々な角度からその全体像を捉えることで
何の躊躇も恐れもなく、そのなかに入り、精神的な成就の扉とすることもできます。

占星術は内側で繋がる宇宙的な関係性を表しています。
その意味と真髄、本質的なものは、個人と宇宙とは繋がって おり、リズミカルに調和している、ということを知ることにあります。
自分は過去と未来の統一体である、と理解するとき
占星術は精神性を帯びてきます。

基本的に占星術は3つの部分に分けられます。
本質的な部分と非本質的なものを区別してはじめて真に占星術を使いこなすことができるのです。

第一 :生における本質 根本的 核となるもの 真髄 あらかじめ決められた変えられない、不可避。
最も一般的には理解し難い部分。
これを知ることが占星術の真髄。

第二 :準本質的 不確か。中間の層 この層のなかでは望むように変えられる。前持って知っていれば選択肢がある 変容の可能性がある。第一と第三の中間。気づきを持つものは正しい選択をする。無知の暗闇にいるものは運命に翻弄され全てを耐え忍ばなければならない。

第三 :最も外側の部分 不確か。一般的に最も興味を持たれる部分 いきあたりばったりで本質的なものは何もない。

尋ねる価値のある本質的な質問
・自分はいかに死ぬのか?
・なぜ生きるのか?
・生きている間に何をすべきか?

占星術の価値は用い方、また用い方にどのような知識をもつかによります。
ラクシュミ・ジュエリーでは、占星術の本質的な価値を求める人に応えられるように今後さらに精進していきたいと思います。



参考図書「隠された神秘」和尚 市民出版 1999年

|

« 岩塩梅干し | トップページ | 八王子ヨーガファンクラブ »