« 2016年1月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月30日 (火)

富の祝福コース

楽趣美でプライベートな形で
開催している富の祝福(ウエルス・ディークシャ)コースのご紹介です。

これはアウェイクニングコース修了者向け(ディークシャギヴァー限定)です。

南インド・ワンネスユニヴァーシティの
贈り物である富のコースに
ラクシュミー8つの側面とマザーディヴァイン・プージャをアレンジした、
物心霊の豊かさの知識と体験を深める半日(6時間)コースです。

受講後11日間の宿題があり、豊富な内容を内面化するプロセスと修了後のフォローも万全です。

ギヴァーの方はもちろん。
そうでない方も、
アウェイクニングコースと合わせて受講いただける、お得なコースも用意しました。

ギヴァーになる最も大きなメリットは、成長と願望成就のために、自分自身やご家族などに毎日ディークシャを行うことができるようになる、ということですが、
このコースは特に富にフォーカスした内容です。

富の祝福コース内容

1)アールティ

2)ディヴァインを褒め称えるバジャン

3)イントロダクション

願望と渇望の違いとスピリチュアリティーとは
豊かさを阻む条件付けとは
物心霊のピラミッドとチャクラ瞑想
思考と貧困または豊かさとは
古代インドからの人生の4つの目的とは
恩寵(自分自身のディヴァインの創造と絆)

4)11の黙想

現実的なビジョン
両親との関係
配偶者またはパートナーとの関係
幸運をもたらす言葉
家を清潔に保つ
お金を大切にする
正しい信念体系とは
内なる誠実性
感謝の重要性
ディバインとの約束と貢献
先祖への感謝

5)アルチャナ 16の捧げ物
(マザーディヴァン ラクシュミープージャ)

明確な意図を持つ
豊かさの視覚化
感謝と約束の祈り

6)感謝と先祖への祈り

7)シュリムルティから
富の意識のためのディークシャ

8)シャバアーサナ 15分

9)質疑応答と体験シェア

10)家に帰って11日間続ける宿題と修了後のフォローアップについて

11)感謝のアルティ

〜〜〜以上〜〜〜

heart受講費用 19,900円

heartアウェイクニングコース+
富の祝福コースは
39,900円+19,900円=59,800円のところ
58,500円(1300円オフ)
アウェイクニングコース(12時間)二日間連続
+富の祝福コースは1週間以上開けての受講となります。
基本的にプライベートなマンツーマンですのでご希望の日時で受講できます。

present費用については、現金でのお支払いが困難な状況である方は、相応のサービスとの交換など、現金以外もご相談応じています。

ラクシュミーの御足 8つの側面から一つプレゼントheart04

heart01受講者の体験談

・想像以上に受け取れないほどのパワーを
いただいてることに気づいた。

・転職して経済的に安定した。

・夫婦関係の修復と、人間関係が豊かになってきた。

・経済的な不安感が一掃されて、
自分のやりたい仕事にフォーカスしてきた。

・物質的、精神的、霊的豊かさがバランスよく成長してきた。













|

2016年8月20日 (土)

おあし(御足・お銭)



50年以上おあし(御足 お銭)作りを
ライフワークとされてる
小林伸一さん
http://kushiterra.com/artist/2016/06/post-30.html
による小さなコーナーが楽趣美にできました。

おあし(御足 お銭)は豊かさが巡るようにとの祈りがこめられた縁起物のミニ下駄です。

一つ一つ、つげの木を切り出すところから、
箱も全て手作りで作られています。

小林さんは30種類の絵柄をこれまで作られていますが、
今回ご縁あり8つのラクシュミー女神のおあしを作ってくださいました。





ラクシュミージュエリーでは
インドの吉祥パワーグッヅである純銀のパードゥカ(サンダル)制作を受注でおこなっていますが、


日本やハワイでも縁起物として【おあし】があるのが面白いです。

おあしの語源を調べたらとても
分かりやすく
解説されてるページがありました。
お金はおあし(お銭 御足)




| | コメント (0)

2016年8月19日 (金)

新しい船出♪

昨日、小林伸一さん作の楽趣美号(吉祥船)
完成に伴い、
これまで別個だった八王子アグニホートラ(アメブロ)
と統合しました。

はりたま(渡辺香奈子)
(有)楽趣美 (創業1990年日本で唯一のヴェーダ占星学ジョーティシュ、アーユルヴェーダ宝石療法専門 ラクシュミージュエリー&ハーブス)にて宝石相談、自然農、ワンネス・ブレッシング(ディークシャ) 、アウェイクニングコースなど担当。
日々アグニホートラの実践を土台に、より豊かな人生を創造するための研究.と日々の覚書をシェアしていきたいと思います。




|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年9月 »