« 冬至は過ぎし日に | トップページ | 音楽は魔法 »

2016年12月28日 (水)

ケントモリ氏のダンスワークショプ


ケントモリ氏のダンスワークショプに参加しました。

このところたこ焼きのタコが
当たったのか
腹痛でしたが
今年最後のシヴァラートリーの
夕べに当たっていたので
気合いいれました。

つい最近までケント氏のことは
全く知りませんでした。

いつもディープな内容で楽しみにしてる
都築響一氏の12/14の
メルマガは80年代ディスコ特集でした。
それがきっかけで
洋楽全盛時代に中学を過ごしたので
色々ネットで聞いたり動画を見てた時に、
マドンナのバックダンサーだったケント氏の記事やインタビューを読んだのです。

ダンスで世界を1つに。
という活動をされてるところや
子供の時からちょっとクレイジーで
ユニークゆえに
周りに理解されない孤独さもあったという人柄やダンスが好き!というところ、
諸々共感しました。

私は中学以来洋楽はとんと
聞かなくなっていましたが
マドンナのセレブレーションという曲
のミュージック・ビデオはいろんな人が
踊り祝ってるところが楽しく
気に入ってたところ
カッコいい踊りの人が
ケント氏だったことも判明しました。
これまで20年くらいの間、
ヨーガを学んだりインド関連の仕事上、
インドの伝統的なダンスや
ベリーダンスを習ってる方が周りに多くて
勧められたり誘われる機会も多いのですが
それらのダンスを習うことは
色々な理由で回避してきました。

1つは中学高校時代の体育の授業などで
踊らされたダンスで
決められた振り付け、
動きをしなければならない、
覚えなければならない
ことがどうしても苦手で
楽しいどころか
間違えてはいけないという中で
苦痛ですらあった苦い思い出があります。

コンタクトインプロや
タントラ系と言われる男女の
密着系ダンスは夫とするならまだしも
他の人とやるなんて、、と
思ってしまう昔カタギなところが
あったりして(笑
内なるシヴァシャクティの
合一が自分には先決なのですが

かといって伝統的な巫女的ダンスもまた
衣装や濃い化粧が自分には
見た目も趣味も合わない
(アトピーの後遺症もあり)
発表会だなんだでダンスしてるところを人に見せるのも無理、、。

しかし元々踊ることや
ダンスミュージックはジャンル問わず
なんでも好きなので
自宅で運動兼ねてちょっと
インドダンスの動きをやってみたりは
していましたが
もっと自由に感じるままに
好きな音楽でコズミックダンスを
したい!という気持ちは
心にずっとありました。

踊ることは神と一体となる
究極の瞑想でもあり
最高の健康法なので

健全なレイヴパーティー風なイメージで
高尾ダイナミック愛好会でダンス瞑想に
この2年取り組んでいました。

ケント氏のワークショプの案内には
1歳から100歳まで
プロも初心者も歓迎とあり、
苦手意識が払拭になる
予感がしたのです。

実際のケント氏のダンスは舞踏王
シヴァ神君臨のごとし長い黒髪を振り乱してのダイナミックさでしたが
フレンドリーで親しみやすく
お笑いすきだけあって楽しい人柄でした。

内容的にはこれ100歳の人がやったら
どうなるのという気もする
初めて聞くような激しい
大音量の曲に合わせての
超ハードな動きで
ほとんどついていけず
情けないことに
体力的にも最後まで持たなかったです。

動きをすぐ覚えるような
ダンスのプロっぽい人や普段からこういうストリート系ダンスをやってる風な人がほとんどの中にも80代のかたも
参加されていて
小さい子でも見よう見まねで
無邪気に踊ってるので
自分もお手本通りできなくてもいいやと
気持ちを切り替えて
最初はお手本がよく
見えるよう前の位置だったのを
徐々に後方部に移動しつつ(笑)
端っこで最後までいい汗かいて
踊りきりました。

男女のペアの動きも
このレッスンの中では自然と楽しくできて
先生や補助の女性の先生の動きや
表現を見てると
セクシーさがエネルギーに変容されていて、性的な人ほどいいダンスになると確信しつつ

何より基礎的な体力が出産以降
落ちてしまっていることを
ヒシと痛感しました。

月に一度はダイナミック愛好会で3時間の
動的瞑想して参加者からキツイと言われても自分には、まだまだ全然余裕と思ってたのを見事覆されたので
明日からヨーガも心機一転、
体の動きを軽くするため減量ももっと
気合い入れて、
基本的なステップも身に
つけてから
再度ケント先生レッスンに
トライしたいと思いながら
帰途につきました。

このところの夢である
ナタラジと一体化する
ダンス瞑想のヒントになるところや、
取り入れられそうな
動きもいくつかマスターできました。

ケント先生スタッフの方々
ありがとうございました!!



ケントモリ氏














|

« 冬至は過ぎし日に | トップページ | 音楽は魔法 »