« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月25日 (土)

インディゴチルドレン

よく生きづらい方がADHDと診断されたらほっとしたなどと聞きますが、私もいわゆるインディゴチルドレンの特徴がだいたい当てはまっていて、自分の取り扱い説明書を見つけた気がして、なんだか少しラクになったことがあります。

とにかく子供の時から地球環境問題に人一倍ナイーブで
そういったことを分かち合うような人は周りにだれもおらずずっと孤独でした。
18歳で瞑想の先生に出会い、初めて大人として尊敬できる人に会ったと思いました

最近はアグニホートラもヨーガやってる人には関心持ってもらえるかと思いきや、
この5年ほど活動してきて実際に自分でもやろうという人はほんの数人。

仕事でも既婚者である主婦が
自宅の一角でお仕事することを
お家サロンというようで
優雅なイメージですが
私の場合は住み込みで仕事をしている状態が20年で、そういったことでも何か最初から人と違っているのですが
最近はアウトサイダーアーティストを
知るにつれ、励まされてきた感があります。

長く分離感 孤独感 虚無感にさいなまされ続け、
でもそれらは変えることはできないと
受け入れられるようになったプロセスは
今後さらに役立つのではないかと思います

ジャスムヒーンさんの
ようにガチでインディゴ魂の人に出会って
突破口がひらけたというか
封印が解けた感じです。



マハーシヴァラートリーの夜に





|

2017年2月24日 (金)

ハッピーマハーシヴァラートリー

楽趣美FBページhttps://m.facebook.com/DivineblessingYou/

私の仕事場兼遊び場である、楽趣美の
FBページが更新されました。

弊社はジョーティシュ(インド占星学)・アーユルヴェーダ宝石療法専門店として1990年に創業。古代インドの叡智の実践・研究と人類の幸福と地球環境浄化の貢献を使命としています♪

〜業務案内〜

♡ラクシュミージュエリー
ジョーティシュ(インド占星学)と
アーユルヴェーダに基づいた、
宝石相談 販売 ジュエリー加工 プージャ
マントラ 瞑想伝授

♡ラクシュミーハーブス
トゥラシーやパクチーなど自然農による
固定種・苗の頒布 ・自然環境保護活動

♡開運相談
ジョーティシュ・ヴァーストゥ(インド家相学)・気学 ・禅タロット

♡ワンネスブレッシング
OU(至高の光寺院 南インド)認定講座
体験コース
アウェイクニングコース
富のコース
アロギャ(健康のため)のコース

♡アグニホートラ瞑想
ヨーガアーサナクラス
単発 ・基礎3カ月コース・研究6カ月コース
八王子アグニホートラ瞑想センター

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
以上、この地球上での
ハッピーライフにお役立てください。

全て予約制
楽趣美サイト
http://laxmiltd.my.coocan.jp/

ハッピーマハーシヴァラートリー♪

|

2017年2月21日 (火)

アメジスト寺院


ジャスムヒーンさんの以前の本と
最新本とこのところ読んで、
20年ほどのスピリチュアル・アレルギーともいうべき
ディフェンスがパッと解放された感じです。

目に見えない世界のことは
良心的なホンモノもあるとは思いますが、
えてして目立つのは中身薄いのに
お金儲けだったり変な感じだったりで
言ってることとやってることに
齟齬があり説得力ないのです。

私もこれまで仕事としてやってる以上は
常に気をつけて、
おかしいと思うところは
反面教師として
自分はただもっとハッピーに気持ちよく生きたいだけで
怪しげなスピ系ではないし
人からそう思われるのも
嫌だと思ってましたが

半端ないリアルヨーギンな
ジャスムヒーンさんの
探究心と強さにやっと
自分の中でスピリチュアリズムの世界に
反面教師でない人が女性で目の前に
現れた感じです。

(男性では何人かすでに尊敬できる方はいましたが)

食べない飲まない寝ないって
今の時代においてどれだけ
人と違ってることか、、
勇気もらいました。



八王子アグニホートラ
ヨーガ研究所
アーサナクラスは
単発2500円
3カ月コース3万円です

|

2017年2月19日 (日)

ジャスムヒーンさん

今年7月リトリートがあるそうで
ぜひ参加できたらいいなと
楽しみな今日この頃です。

プラーナで生きてるリアルヨーギン・仙人なジャスムヒーンさんの本「神々の食べ物」を10年前に購入し一読した時は

「世界にはこんなに美味しい
素晴らしい神の恵みで溢れてるのに、
何を好き好んで不食なんて、
考えられんなー」

でしたが、50歳くらいになったら、
ブレザリアン(呼吸だけでOK)な状態に
自分もなってたらお金もかからず
健康にもなっていいだろうなと思いました。

その後10年(50代まであと5年)
すっかり忘れてました。(´-`).。oO

が、呼吸法アグニサーラや
ヨーガをするために基本は
1日1食なのでまた不食ー

食べても食べなくてもどちらでもOKな
自由な状態。プラーナ(精妙な栄養)を
食べ物以外から得ること。
食べない方が楽な快適で自然なスカ&シャーンティ状態ーー

(絶食、断食は食べたいのに我慢して食べない
渇望、苦しみのドゥッカ状態なので別)

について、
ジャスムヒーンさんの本を前のと最新刊も
合わせて再読しました。

私のこの10年といえば
今もまだ継続中ですが
子供の世話が最優先事項で
離乳食のころの息子のアトピー性皮膚炎の改善のために、アーユルヴェーダにナチュラルハイジーンの食事法を取り入れて
いいとこ取りという感じでした。

それ以前に自分もアトピー性皮膚炎の
治療のためにも22、3才くらいから肉魚は食べなくなり、菜食にして完治しましたが、

そのぶん美味しいもの食べたいと
趣味と実益かねて、畑で野菜を栽培してのベジタリアン料理の研究や、バイキングレストラン、大好きなインド料理や巡り、
かつての記憶なのかメキシコ料理も大好きで、子供とお菓子づくりを楽しんだり一緒になってパクパク食べていて
菜食だからいいだろうと
かなり大食いになってました。

元はカニや帆立が好きだったので
最近は菜食にもこだわらずに
近所の100円回転寿司でたまに
お寿司も楽しんだりもしてましたが
徐々にお腹周りの不快さと蓄積する余分な
脂肪が気になってきていて
食べ過ぎた調整のため、
食事抜いても体重が落ちづらくなり
(以前は一食抜くとお腹スッキリペタンコだった)
このところ熱心にヨーガの呼吸法など
やっていたのです。

ピンチをチャンスに今こそ、徐々にプラーナ食にシフトしていくときがきたようです。

でっぷりと中年ぶとりなってしまうのは
一般的には年取ると
代謝も運動量も落ちる
ためだと言われてます。

本来は体のためにもうそんなに
食べなくてもいいのに
習慣的、感情的に成長期と同じように
食べてしまうことに
あるのは間違いありません。

食べる量が減れば
健康に良いだけでなく
食費も二分の一、三分の一に減って
他に使えたり、
食べるためにやりたくない仕事
は徐々にしなくてもすんで
趣味や創造的なことに
時間を使えるようになれるのは
大きなメリットです。

不食とは単に食べ物を食べないのではなく
溢れかえるプラーナ(神の恵み)で胸一杯で
満足してお腹が減らない状態だそうで、
ジャスムヒーンさんの
本読んで不食目指して
栄養失調で亡くなった方が世界で
4名もいるという
過激といえば過激なことでもあるので
そこを間違えないように
ただ食べないのではなく
プラーナを得ることに
意識を向けていきたいと思います。
そのためにアグニホートラや
ヨーガをこれまでやってきた感じがして
ワクワクしています。

しばらくはこのまま1日1食を
エンジョイしながら
徐々に自然にプラーナに移行して
スカ・シャーンティな
ハッピー気分を深められるよう
ヨーガの実習と連動して実験して
いきたいと思います。






|

2017年2月15日 (水)

スカ&シャーンティ(ハッピーで平安)

なんのために
ヨーガを実修するのかといえば
もっと幸せに気持ちよく生きたいから
多分死ぬときに振り返れば
一生はつかの間の
ようだったと思うのだろうが
毎日24時間は今この瞬間の積み重ねで
ある。

ヨーガに関心もったのが
健康や美容のためという
切迫ずまった目的であっても
将来のための転ばぬ先の杖であろうと
ようは幸せな人生のためだ。

私にとってアグニホートラは
スカ&シャーンティ
(ハッピーで平安)なヨーガの
揺るぎなき基盤となってくれた。
アグニホートラのないヨーガは
醤油のない和食か
畳のない和室のようなものかもしれない。
つまり味気ないということだ。

幸せな人はもっと幸せに
そうでない人でも
少しでも幸せな気持ちになるためには。

ハタヨーガではアムリタを自分の内側で、自家製で作り出すのが真髄であり、
その方法がヨーガアーサナにある。

それができれば
外側に幸福を求める必要はなくなるし、
不幸や惨めさの原因も
外側にあるのではないと知る。

サンスクリット語でスカの反対をドゥッカ(苦しみ)というが
一見誰かの何かのせいで苦しみ
不快さ 怒りが生じたように感じてもそれは
自分の無意識を気づかせてくれたのだ
と理解すればスカ&シャーンティなのだ。

外側ー
夫に
妻に
子供に
親に兄弟に
〇〇さんに
会社に学校に
政治に時代に
その他何でも、
自分以外の何かが不幸の原因となれば
私たちは無力で不幸なままだ。

スカ&シャーンティ
今、ハッピーであること
そのための
ヨーガを分かち合う準備ができている。











|

2017年2月13日 (月)

満月瞑想集会vol.17

2/10満月瞑想集会、
初めての御参加の方からは面白かった、
こんなに楽しく体を動かしたのはいつ以来だろう、などなどご感想いただきました!

定期参加のメンバーからも
昨日のタットさんから提案されたテーマ
【真に生きるということ 生命の喜び、または欠如】について洞察と気づき、
静寂と新鮮な体験を分かちあいました。

ダイナミック瞑想は
気づきを深めるための
強烈な技法ですが
動作や身体をまず使うこと、
クレイジーになることと対照的に、
内側の静寂で不動で精妙な地点、
深い地点に気づきはじめます。

ただ怒ること ただわけもなく泣くこと
笑うこと 笑うべき対象をもたずに、
ただ笑うこと。
それらは私たちを
再び子供に戻し、無垢に浄化されていきます。

そして不思議なことに
あらゆるものが投げ出されるとき
座禅(瞑想)が、坐法(アーサナ)が
自然に起こる、と
このユニークな瞑想を考案した
oshoは、現代人にとってただ
座ることからはじめる瞑想は
ときに不自然で抑圧されたものになるので
遊び心や喜びこそが本来は
瞑想の本質だといいます。

これはヨーガアーサナや瞑想を実習
するにあたり重要なところだと思います。

ダイナミック瞑想で無秩序な呼吸と
カタルシスからはじめることで
何かが内側で自然に花開き
沈黙が起こる。
それはまるで
母親が胎児の成長を感じるのと同じように
私たちの内側で成長していきです。

【真に生きる】テーマを次回の
瞑想会3/10まで
1ヶ月、日々日常生活でも観てまた皆さまと分かち合えたらと思います)^o^(

高尾ダイナミック愛好会
フェイスブックページ
https://m.facebook.com/fullmoonmeditationparty/

|

2017年2月 7日 (火)

時代の趨勢

Amazonプライムに、キンドルアンリミテッド、食材もネット通販で、、、など消費者にとってはすぐ読めて、良いものを安く早く手に入れられて便利な世の中ですが、
本屋さんはじめ個人商店は淘汰され厳しい時代だと思います。
どんどんこれまで普通にあった仕事はなくなって一極集中で貧富の差も広がっていってしまうのでしょうか

消費者である私たちも、お金さえ払えば家にいて動かずに指一本で注文して届けてくれて、快適ですがそのぶん自分の足で歩いて手に入れることなく、運動不足になってしまうのは確実。
そのぶんのエネルギーや時間をよりポジティブなよいことや感動を生むような体験がないと、ものは豊かでもどこか、心の虚しさが広がっていくのではないかとふと思ってしまいます。

小学5年生のときの担任の先生が
貴方たちが大人になった時には社会は機械化されて仕事がなくなってるだろうと子供心に暗い未来予測でしたが
機会的な単純労働が、より創造的で人間にしかできない仕事ができるように変容していければ人類史上最も恵まれた時代に突入しているとも言えるかもしれない。

さらにベーシックインカムが日本でも実現できて貨幣経済の奴隷から脱して生計の最低限を誰しも受けて、より人間的にゆとりある生活ができたらと思う。

未来に不安はつきものだから
そんなときは
いつも今に戻って
アグニホートラや
ヨーガができるという
お金にかえられない豊かさに感謝し続けていきたい。


愉快なジャガちゃん




















|

2017年2月 6日 (月)

継続は力なり

毎日ヨーガアーサナを
するには工夫が必要です
畳1畳分のアーサナスペースを作ると
続けやすくなります。

ベッドの上は様々な要因であまり
適していないのですが
布団敷きだったら、
ちょうど上げてしまえば
そこがアーサナスペースになります。

そしてアーサナできる服装を普段着にしてしまえば、もう準備は9割整います。

ということで
昨日は1日がかりで息子が
寝起きしてる4畳半の和室を整理して、
家事の合間にヨーガアーサナが
できるスペースを
なんとか確保しました。

ヨーガアーサナは最小のスペースと時間でできる健康増進法だと言われますが、
畳の和室が一番適しているとは
日本人である喜びがふつふつ湧いてきます。
畳だとチャクラアーサナ(ブリッジ)なども手足が滑らず安心してできます。

台所や洗濯物の出し入れで出入りするベランダにも近いので
隙間時間を有効に使い
一層アーサナに励もうと思います。

減量、お腹周りのサイズダウンしたい方、
ヨーガアーサナのいくつかの重要なアーサナと呼吸法、瞑想法は胃が空っぽでなければできないものがあります。

それらのアーサナするために
4時間は間食できないため、
自然と余分なものを食べる機会が
減ると同時に
常に消化力や胃や腸の状態に
意識的になって、
食事が自然とコントロールされていきます。

最近は少食健康や断食が若返りにも評判ですが、単に食べるのを減らすだけでは無理がある場合でも、気持ちいいアーサナによって胃の重さを上回る快感があれば、少しづつ良い循環ができてきますので諦めず
千里の山もいっぽからやっていきましょう。

畳1畳分のヨーガアーサナスペース











|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »