« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月31日 (金)

靈氣(レイキ)とワンネスブレッシングの相違

先日アウェイクニングコースを担当しました。

コース案内

このコースは南インドの
ワンネスユニヴァーシティー(至高の光寺院)
で研修を受けた者が、
個々人の苦しみに終止符を打ち、
人類全体の幸福のために
2日間連続のコースとして提供しています。

本来インドでは3週間かけて学ぶ実践的な内容を
2日間10時間に凝縮した濃密なコースです。
インドで研修を受けた私たちは
このコースを提供する際、生活費を稼ぐためや
お金儲けの為、名声を得るためやビジネスとして
行わないよう創始者との約束があります。

私の勤務する楽趣美でも
必要経費のみで提供していますが
自分の学びのためにも
コースを担当し、とても勉強になります。

二日間修了後には意識を開発するための
エネルギー伝授(ワンネスブレッシング)が
自分や人にできるようにイニシエートされます。

高次のエネルギーを伝達する方法としては
日本由来の靈氣(レイキ)が有名です。
目的とするところは同じだと思いますが
レイキとワンネスブレッシングは
似ているところとそうでないところがあります。

特定の宗教宗派に属さないというところは
同じですが、ワンネスブレッシングは
インドで古くから伝わってきた
サンスクリット語のマントラや
チャクラの概念、クンダリニー、アーサナなど
ヨーガでも秘儀的・タントラ的なハタヨーガの観想や
呼吸法 瞑想法を利用するのが特徴です。


ヨーガに関心あるかたにとっては
とても面白く、濃い内容であるには
間違いありません。
私もこのコースを提供するために
インド研究家の伊藤武先生から
サンスクリット語やマルマヨーガなど学んだことが
大いに役立っています。

もう一つワンネスブレッシングの大きな特徴は
エネルギー伝達のためのパイプ役であることを
徹底して学びます。

聖なるエネルギーとつながることは
本来シャーマニックな特別な神秘能力のある
ごく限られた人のものでしたが、
誰でも制限された自己を形作る
マインド(思考)から解放され
聖なる通路となっていく
プロセスを習得することができます。

これまで遠方からもとても真摯なかたばかり
受講いただいており、
提供する側も成長しながら
学び、貢献していけることに感謝です。



|

2017年3月28日 (火)

プラーナで生きる

ヨガにも古いものから新しいものまで
いろんな種類があり、
肉体を鍛えて柔軟性を増すもの
精妙体であるチャクラやナーディーを
観相するもの
クンダリニー(性エネルギー)を変容する
錬金術的なもの
アーユルヴェーダを基本とする
マルマヨーガなど、、
実践するにはそれぞれの良さがあり、
各人に合った
目的に応じたヨーガがあります。

色々リサーチしてきた結果、
究極的な栄養素であるプラーナで
生きる次元に到達するためなのが
自分の求めるヨーガだと最近
わかってきました。

食べないということは
欲望と飢餓感をかきたてる現代の
経済至上主義からすると
反社会的かもしれません。
食べものも何が体にいいとか悪いとか
情報はたくさんあります。

ヨーガといえば非殺傷なので
菜食主義というのが一般的でしたが
最近は糖質を減らすということや
本来人間は肉食だったということで
真逆な食事法も支持が増えているようです。

しかしながらプラーナで生きるというのは
それらの議論をヒョイと超えて
しまう感があります。

今は純粋に味覚や料理を楽しんで
野菜を栽培して自然栽培も研究しつつ
プラーナで生きることも
半々で 楽しんできています。
これも太陽リズムと同調する
アグニホートラのおかげです。

そんな中、人間の飢えを満たしてきた
主食である米や小麦というのは
1粒万倍本当にありがたい
神の恵みだな〜と感じます


和風のおにぎり弁当で春を満喫















|

2017年3月21日 (火)

秘伝マルマ ツボ刺激ヨーガ教室


毎週月・木曜 昼・夜
秘伝マルマ ツボ刺激・ヨーガ
教室開催!!

マルマ・ヨーガは
一般的なヨガでは知られていない、
アーユルヴェーダ(古代インドより
5000年以上受け継がれている生命学)の
智慧に基づいています。
近代のハタヨガにはない、
アーサナ(座法 ・ヨーガのポーズ)に
込められた祈りや秘儀を
瞑想的に実習します。

日々アグニホートラ(大気の浄化)を
行なっている瞑想ルームにて
少人数制で行います。

◽︎健康のために
◽︎美容 ダイエットのために
◽︎若返りのために
◽︎精神安定のために
◽︎潜在能力の開発のために
◽︎ストレス解消のために
◽︎瞑想を深めるために
◽︎直感(インスピレーション)を深めるために
◽︎ハッピーな人生を創造をするために...

ヨーガの恩恵を分かち合いましょう

◯日時
毎週月・木
昼の部: 10:00〜11:30
夜の部: 19:00〜20:30
(90分)

◯場所
(有)楽趣美
めじろ台駅(京王高尾線)徒歩9分

◯料金
1回 2000円
6回券 1万円
(1回分無料)
ハーブティー付き

◯定員3名

・ヨガマットは必要ありませんが、敷物としてバスタオルをお持ちください。

・動きやすいズボン。着替えできます。

申し込み先
deekshalaxmi@gmail.com
042-663-4626(12:00-13:00のみ)

講師:はりたま(渡辺 香奈子)

1971年生まれ 幼少時に押入れの中(笑)で最初の瞑想(純粋意識)体験以来、三昧の境地に魅かれる。
1989年 超越瞑想を通してヨーガ入門する。
2000年より 南インド ワンネス寺院にて
研修し、ヨーガの研鑽を積む。
2012年よりアグニホートラを実践する。
2015年伊藤武先生のマルマヨーガ修了。
2016年 アーサナとダンスを融合し、
楽しく効果的に実習できる独自のヨーガプログラムを創作中♪

https://www.amazon.co.jp/秘伝マルマ-ツボ刺激ヨーガ-講談社-α文庫-伊藤/dp/406256856X/ref=asap_bc?ie=UTF8






|

2017年3月13日 (月)

世界アグニホートラデー

昨日は世界的な
アグニホートラデーでした

インドはじめ各国で数百人単位で
一斉にアグニホートラをおこない
祈りました。

なんで毎年3/12なのかと
インドの仲間に聞いたら、
先生がアグニホートラの
マントラの啓示を
受け取った日なんだそうです。

毎日のアグニホートラの実習は
基本一人で地道にやってますが
夕方の瞑想プログラムは
近所の方や楽趣美のお客様と共に
行うこともあります。
それがまた楽しい時間です。

瞑想は人数増えるごとに
パワフルになるところが
いいところで面白いです。

昨日は二人の高尾の
お友達がいらしてくれました。
アグニホートラ瞑想後に
osho禅タロット引いてもらったりして
遊んで楽しかった。

おもえば以前は月に一度瞑想会として
アグニホートラをシェアしてたのが
制限が外れて毎日になり、
これまでは無料といいつつ
ドネーションもらってたのを
先生の意図にもう一度合わせて
約束を守り完全無料にして
やっぱりよかったと思いました。

その代わり
本業も頑張る意欲につながってます。

以前TM教師に憧れ
目指して頑張ってましたが
同じ瞑想でも違うベクトルの
草の根運動アグニホートラの方に
進んでいく運命だったのだと思うと
見えないスピリットに導かれてる感が
あります。

やっぱり分岐となったのは
思い返すと
2000年のワンネス寺院で
それこそあやしくも神秘的な
タントラなヨーガを
経験したことにあります。

昨日をきっかけに一人で
また、見えない存在との繋がり
を感じながらやっていこうと
気持ち新たに決意しました。


















|

2017年3月12日 (日)

シャーマニックなヨーガを楽しむ会

古代から伝わる叡智は
インドに限らずですが
聖職者が独占していたので、

同じヨーガでもインド政府お墨付きと
シャーマニックな
ヨーガが対極にあることが
マイケルハーナー著
シャーマンへの道 (1989年平河出版)の中で解説されています。

〜ヨーガ誕生の背景〜

「インドに国家が生まれ、
国家宗教が誕生するに伴い、
聖職者にとってシャーマニズムに特徴的な
ドラミングが邪魔になってきた
と(著者は)いうのである。

聖なる啓示の独占権を守ろうとする
聖職者からすれば、
誰彼なく非日常的意識状態を
喚起する可能性を持った
シャーマンのドラミングは脅威であった。

これがシャーマンの弾圧を生み、
シャーマンはこの弾圧に対して
聖職者に気づかれることなく
静寂のうちに変性意識を生みだす
技法の開発に取り組んだ。

そしてついにそれぞれ特殊な質の呼吸を伴う
様々なアーサナからなる
ヨーガと呼ばれるシステムを
完成したというのである。

ヴェーダ時代にソーマという
ーシャーマニズムにしばしばみられる物質ー
が使われていたことを考えると、
(著者の)意見もあながち
荒唐無稽ではないかもしれない。」

「ヨーガはソーマに変わるものとして発展してきたという見解をもっている。
その理由はソーマが誰もが
摂取しうるものではなかったからか、
なんらかの理由でソーマの入手が困難になったからであろう。」

世界アグニホートラデーの今日、
それまで聖職者に独占されていた
古代インドの智慧である
アグニホートラを人類の幸福と
地球環境浄化のために
一般に無償公開した先生方に感謝します。

これまで
アグニホートラ
満月瞑想集会での歌い踊り瞑想
マルマヨーガ
などやってきたことは
全てシャーマニックな
ヨーガにつながるものでしたが、

現代のシャーマニズムは
生きとしいけるもの
全てのつながりを信じ
環境汚染に代表される
地球の危機的状況を感知し
人類の破滅へと向かう流れの1つの
カウンターとなっています。

シャーマニックなヨーガを通して
古代叡智の恩恵を日常生活に生かし
ハッピーライフを
創造していきたいと思います。

https://youtu.be/6wcqwxa9xjc












|

2017年3月11日 (土)

シャーマンとインド政府お墨付き

インド政府お墨付きもらえる
ヨーガインストラクター認定が
日本でも始まった模様。

ヨーガの先輩方が
早速何人かトライして
合格したそうなので
インド政府が認める
ヨーガインストラクターの基準とは
どんなものなのか?
試験の出題範囲だけは
チェックしました。
http://yogakentei.com/range.html

ハタヨーガに関することもあって
8-9割は分かりましたが
はっきりしないところはこの機会に
調べて明確にしとこうと思います。

アグニホートラを実践して
鬼才伊藤先生から
マルマヨーガ講師の認定を
受けてる身としては
インド政府お墨付きと引き換えに
受験はしませんが、
ヨーガ好きでそれを仕事にしてるなら
全てパーフェクト以上にできるくらいは
当然だと思います。

昨日ちょうど、以前インドでヨーガ研修したとき一緒だったある男性が
日本人でただ一人、
バリ島でシャーマニックな研修を受けてるとsnsに投稿されてました。
それで思い出して
以前買ったシャーマンへの道という本を
本棚から取り出して読んでたら

まさにヒンズー教以前、
政府お墨付き以前の
シャーマニックな(シャーマン自体がサンスクリット語の禁欲者という意味があるという説も)ソーマをあおるための
ヨーガについて書かれていて
私が一番心惹かれるのはこれだ!
と改めて思ったところだったのです。

早速夜の瞑想会では
シャーマニックドラムな選曲で
皆で野生のリズムで踊りました。

しかしインド政府公認といえばお客さんも集まるだろうし
元アイドルの即席ヨーガクラスが毎回
50名満員(フィットネスクラブのティップネス←20代の頃ウェイトのイントラやっていた)

などの記事を読むと、昨日は6名の
瞑想会の現状と比較して
僻んでしまいそうになりますが
そもそもマイノリティ少数派だということを
よく自覚して
よーく自分は何を求めてるのか
何がすきなのか
どういうヨーガを
やっていきたいのか考えるにあたって
シャーマンの本が
ヒントを与えてくれたように思います。




















|

2017年3月 9日 (木)

薬用喫煙の季節

冬〜春のアーユルヴェーダでいうところの
カパの質が増える時期というのもあったのか
ここのところ、
日が落ちてホッとした
くつろぎにひと時に
薬用喫煙を楽しんでいます。

再開してみてこれは
ダイエットにもいいんじゃないかと
思いました。

よくタバコやめたら
体重が増えたという話を聞きます。
私の父親もそうでした。

明らかに喫煙は食事量を
自然にラクに減らす作用があります。

他にもリラックス作用など
メリットも無きにしもあらずですが、
だからといってニコチン中毒になって、
体に毒なものを高いお金払って
禁煙社会の中で肩身狭く
隔離された喫煙所や
ベランダでホタル族になるのも馬鹿馬鹿しいものです。

けれどももし、逆に体にいい
健康法としての喫煙方法があれば、、
ニコチン中毒にもならずに
嗜好品として
瞑想的に楽しめれるものがあれば
どうでしょうか?

プラーナは光として観想しますが
白い(シヴァのガンジャの煙)として
イメージする呼吸法かねた瞑想に
ぴったりなのが薬用喫煙です。

舌掃除やナスヤ(点鼻)とセットで行うことで
より浄化になります。

食べ物依存から徐々に
プラーナで生きたい人や
肥満解消したい人
普段煙草吸う人にも
代用品となってオススメです。

ー2015年3月13・16日アメブロ投稿記事よりー
先々月の瞑想会で【薬用喫煙】実習を行い、結構気に入ったのでインドにまとめて注文してたのが昨日届きました。

その名はニルドシュ、手作りのハーブシガレットです。

箱には、チャラカサンヒター
(アーユルヴェーダ古典に基づいた製法)
タバコ ニコチン100%なしと記載。

内容物:
バジル ,クローブ ,ターメリック, リコリス ,シナモン 他貴重な薬草とスパイスを柿の葉っぱで包んだものだそうです。

かつて20年以上前に
日本でも【サマディ】という洒落た?名前のクローブ入り煙草が短い期間販売されていたことがあったのですが、
マニアックすぎたのかすぐに終了してしまいました。
私もサマディという名とパッケージが気になりつつも試すには至りませんでしたが、こちらはインド産・本家本物アーユルヴェーダ由来です。

喫煙者ではなくとも愛煙家、アグニホートリスト?の皆様はもちろん、
日本古来のアロマセラピーは燻蒸だったことを考えればおのずと、
体にいい薬草だけで煙草をつくればいいのにな~と昔から思っていたのですが
由緒あるアーユルヴェーダの教育機関にて遭遇した時はビックリ、
一人で試すのも勿体無いので瞑想会でシェアしたのですが、
炎と煙のリラックスとハーブの薬効効果が楽しめ瞑想も深まり一石二鳥でした。

日本の茶道や香道に通ずる作法や注意、禁忌事項もアーユルヴェーダのテキストにはあるのですが、とりいそぎ、製品についてた説明書だけ訳したのでご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ニルドシュ ハーバル(薬草) シガレットについて:

ニルドシュ ハーバル(薬草) シガレットは、5000年昔のアーユルヴェーダのレシピで作られています。

ニルドシュ ハーバル(薬草) シガレットに含まれているハーブは、全て治療上のものが使われています。

ハーブは肺のデトックス(解毒) 、消化力の鼓舞、鎮静、心の平安 、神経鎮静剤の働きのために選ばれてきています。

ニルドシュはタバコをやめるために使うことができます。または、それ自身の目的(薬効のために)喫煙することができます。

ニルドシュとアーユルヴェーダ:

•ニルドシュはカパ・ドーシャに働きかけるように薬草が処方されています。
肺はカパの場でそれらは冷たく湿気があります。喫煙は温め、乾燥します。
ニルドシュの煙は特に冷たく湿った時期に治癒的であり、痰がらみの咳を軽減します。

・ニルドシュはアグニ(消化力、すべての健康と免疫力)を改善します。

・ニルドシュは心を落ち着け、不安とストレスを軽減し、過剰なヴァータの破壊的な力を鎮めます。
ニルドシュは心身に光を灯し、明晰さと幸福感を与えます。

・ニルドシュはバランスのとれた効果のために、朝の時間帯と早めの夜(カパの時間帯)に喫煙することができます。

・ニルドシュはタバコ依存の安全な素晴らしい代用です。

•服用は、季節、時刻と個々の適合性によって変化します。
最少で節度のある使用が、いつでも無難な方法ですが、タバコの中毒を減らそうとする場合は、安全のためにもっと頻繁にニルドシュの喫煙を考慮するかもしれません。


試してみたい方には1本からお分けできます

10本入りboxフィルター付き

20本入りboxフィルターなし (お得)


直輸入なので、
ドルのレートにより今後値段は変動することもあると思います。

ゆくゆくは純銀製の煙管(キセル)
で自家製ハーブの薬用喫煙してみたいものです。

【薬用喫煙について】
薬用喫煙ドゥームラ・パーナムは、鼻腔または口腔より薬物の煙を吸入すること。
毛細管を含む通気管に浄化作用をもたらす。

朝方、 夜の始まり、 食後、 春には鼻、咽頭、胸部のカパが増大し粘液が分泌されるため、カパ体質の人は定期的な薬用喫煙をすべきである。

しかしピッタ体質の人は喫煙を避ける。

ヴァータ体質の人は油性薬物を喫煙(スナイヒカ)すべきである。

鼻腔から吐き出すと目に障害も恐れがあるので常に口から吐き出す。

過度の疲労がある時とピッタ増悪のときは使用しない。

3口づつ吸い、吐き、これを3回づつ行う。

ナスヤ(鼻腔に薬用油を滴下)や眼に薬用ギーを点眼した後に薬用喫煙すると効果的。

禁忌 :
18歳以下 妊婦 頭部に外傷 目疾患 糖尿病 貧血 出血傾向 催下療法、催吐療法後
気絶 過度の口乾 喉が異常に乾燥してるとき 怪我してるとき 過度の疲労があるとき
立腹と深い悲しみにあるとき
また、牛乳 ギー ハチミツ 油もの、酒と魚毒性物質の摂取後。

参考:アーユルヴェーダ日常と季節の過ごし方 V.B.アタヴァレー著 平河出版社

タバコとガンジャーは薬用喫煙と考えてはならない、と(アーユルヴェーダ日常と季節の過ごし方 )にはある。

今日実用化されているタバコは成分的にも大変危険であり、中毒作用のみならず一般的な喫煙は一種の悪癖であるとしている。

ガンジャー(大麻)が多くの国で禁止されていることは、
様々な要因があるようだが、
本来麻は日本でも神事に使われてきた大変有用な植物である。
伊藤武先生の図説インド辞典(講談社)では、大麻とヨーガ(の神シヴァ)は切っても切れぬ関係であり、
癒し効果に言及しつつも、
その文化を知らないと結局は自己破壊につながること、
現代日本に生きる私たちは、内なるソーマの分泌(アーナンダミド 至福物質)を開発していくことを提案されている。

この図説インド神秘辞典は他にも素晴らしい文章とイラストでヨーガの奥深い面白さに興味ある方はぜひお勧めする。(今は出帆新社から出ている)

私の瞑想の先生であるマハリシマヘーシヨーギーも瞑想で自家製での至福体験を開発すべき、と麻薬中毒だった当時のミュージシャン(代表はジョンレノンなど)もマハリシの元で瞑想にいそしみ、中毒からすっかり足を洗って創造性を発揮して名曲を作ったことは有名である)

20年以上も前で時効なので書くが、私も10代のころ友人から、どんなもんかと1回試させてもらう機会があった。しかし作法やその意味するところを知らなかった故か、
瞑想の至福にくらべれば私には
泥のように明晰さのない、鈍く眠気を催すだけの魅力ない体験に終わった。

そっちの方に行かなくて済んだのは、すでに瞑想を実習していたのが幸いしたのだと思う。

しかし、薬用喫煙は正しく使用するならば、心身への恩恵がありいいとこ取りなのではないか。

瞑想に小道具はいらない、身一つで至福に至れるところがいいところだ。

しかしこのドゥームラ・パーナム及びアグニホートラは、薬草とアグニ、煙がより瞑想を深め味わい深くする。
瞑想のときに何気無く線香焚くのと原理は同じなのかもしれない。


























|

2017年3月 6日 (月)

シヴァサンヒター講座

昨日は11時から17:30までみっちりと
伊藤武先生のシヴァサンヒター講座と
その前に2時間、
自主的なマルマヨーガの研究会
を西荻窪のサハジャさんで有志と行いました。

伊藤先生の講座に最初に行った時に
アグニホートラがヨーガのルーツだったことに驚いて以来、
この4-5年かけてマルマヨーガ、ハタヨーガ原典のゴーラクシャシャタカ、
サンスクリット語、そして今回のシヴァサンヒターと継続して学んできました。

毎回、本邦初公開・秘伝秘教的(タントラ)な
内容をサンスクリット語原典直訳と
元々作家である伊藤先生ならではの
赤裸々でアーティティックな図説で惜しみなくも開示してもらえる千載一遇の内容ですが、
膨大かつ深淵な知識量を内面化し実践して
いくために、これらヨーガの魅力を伝える
通路となる機会を切望して心が疼いてしまいます。
とはいえ通路となりえるのは
無私の状態であることなので
渇望ではなく喜びがそこにあるか
が問われてもきます。

希望を捨てずに地道に知識を学びながら
同時に学ばないことを学ぶという
カウンターでバランスがとれるように
なりたいと思います。














|

2017年3月 3日 (金)

ヨーガコースのご感想

ヨーガはストレッチの一種のイメージが一般的にはあります。
柔軟性を高めて、可動域を広げ、筋肉を強化するなどなど、、、

わたし自身、去年は近所の温泉施設の岩盤浴内でやるホットヨガ、インストラクターすらもいない、大画面に映し出されるポーズ指示を見ながらやる近未来的な?ヨガに通って楽しんでいました。
多分こういったフィジカルなヨガが不特定多数的には一番需要があるのだと思います。

けれどもそれとはまた違ったヨーガ本来の目的や魅力があります。
意識と肉体の接点であるマルマ(ツボ)と
チャクラの観想により
エネルギー(プラーナ)の体内錬金術的な
変容を通してより高い健康と潜在能力の開発、
依存症や肥満の根本原因の解消などメンタル的にも切実な何かがある人にぴったりな
ヨーガがあるということも知ってほしい。
それは不特定多数向けではなく
一対一、マンツーマンでプライベートな
安全な守られた場所でやるタイプのヨガです。
インストラクターすらいない、
皆で画面見ながらやるヨガ教室の対極にありますが、どちらがいい悪いではなく
どちらも楽しめるのが今の時代を生きる私たちの特権ではないでしょうか。

3ヶ月コース修了の方からのご感想いただきました 感謝♡
✴︎ーーーーーーーーーーーーーーーーーー✴︎
はりたまさん
深夜に失礼いたします。
改めてマルマヨーガ3ヶ月コース、
濃密な時間をありがとうございました。
インドとはりたまさんの叡智が沢山つまった贅沢なコースでした✨✨
昨日口頭で感想お伝えしちゃったのですが(>人<;)もう一度お礼をお伝えしたくてご連絡しました。
自分自身の内なる神と繋がるために、
教えていただいアーサナを続けていきたいと思います。
毎週の御霊入れと、最終日のプージャも神聖な時間でした。上手くいえないのですが、あの時間はわたしの内側がとても喜んでいて、特に昨日のプージャは忘れられない体験です。以前からインドに興味がありましたが、近い未来に訪れたいと思います。
そして、はりたまさんの先生の伊藤先生の講座もいつか受けさせていただきたいと思いました。
またダイナミック瞑想会やアグニホートラにも寄らせていただければと思います


全修了時に証書が発行されます

|

2017年3月 1日 (水)

ヨーガアーサナ教室のご案内

八王子アグニホートラセンター
https://m.facebook.com/HachiojiTokyoJapan/
ヨーガアーサナ教室において
本日お二人が初の3ヶ月コースを
修了されました🎊
おめでとうございます㊗️

12回にわたってタントリックな
ハタヨーガを楽しんでいただき、
その魅力を分かち合うことができて
とってもハッピーでした。
感謝!

タントリックなハタヨーガとは
チャクラや微細身の観想と
肉体を魂の寺院として瞑想し
自らを聖なる依り代(座席=アーサナ)
とするヨーガです。

また、性的なエネルギーを利用して
幸福ホルモンとアムリタ(甘露)に
変容し、心身の健康増進を
高めるのが秘技的な特徴です。

3ヶ月基礎コースでは
全12回様々な角度から
このタントリックなハタヨーガの
基本的な知識と実習を通して
初心者からヨーガ好きな方まで
楽しんでいただけるよう構成されています。

♡修了後の感想♡

一般的なヨーガには関心なかったが
瞑想が深まるのではと
こちらのヨーガに興味持った。
チャクラや微細身の理解によかった。
(ヒーラー男性)

・あっという間の3ヶ月だった
・プラディシュターやプージャなど初めてのことばかりの実習で面白かった
・瞑想的な時間だった
・いままでやってたアーサナの意味がわかった
・ポーズ主体だったときより
内側を観ることでアーサナがラクに
むしろポーズができるようになった
(ダンサー女性)

単発 ・基礎・研究コースは
お好きな曜日・時間で振替も可能。
贅沢なプライベートレッスン(2名まOK)
でリラックスタイム♡
お申し込みお待ちしています

プライベートな個人レッスンですので
特に日の入りのアグニホートラタイム前後が
オススメですが
お好きな時間にご予約OK

単発 1時間 2500円

♡3ヶ月(12回×2時間 24時間)コースでは
ヨーガの基礎的な知識とアーサナ、瞑想、呼吸法などが習得できます。
単発受講の半額3万円とお得&八王子アグニホートラより修了証も発行されます。

日程:
お好きな曜日・時間に2時間
基本的に週1回固定
振替可能。

♡全12回のテーマ

1 はじめに:ヨーガとアーユルヴェーダの関連
プラディシュター
タパス(熱)系アーサナ

2 プラーナ(光)
スーリヤナマスカーラ
ガヤトリーマントラ
壺瞑想

3 アグニ
アグニサーラダウディ
聖なる火の浄化

4アシュターンガ
(ヨーガスートラの八支)
蓮華座 達人座
クリヤーヨーガ

5 マルマ(救末魔)
武術系アーサナ

6 ラサーヤナ
錬金術系アーサナ

7 ナタラージャ(舞踏王)
ダンス系アーサナ

8 プルシャ
身体寺院建立瞑想

9 チャクラ
トリバンダ

10 クンダリニー(性的)ヨーガ
マハームドラー

11 神話系アーサナ
ラーマーヤナカード
マハームドラー

12 内なる礼拝
プージャ

講師:はりたま(渡辺 香奈子)

1971年生まれ 幼少時に押入れの中(笑)で最初の瞑想(純粋意識)体験以来、三昧の境地に魅かれる。
1989年 超越瞑想を通してヨーガ入門する。
2000年より 南インド ワンネス寺院にて
研修し、ヨーガの研鑽を積む。
2012年よりアグニホートラを実践する。
2015年伊藤武先生に師事しマルマヨーガ修了。
2016年 アーサナとダンスを融合し、
楽しく効果的に実習できる独自のヨーガプログラムを創作中♪

お問い合わせ&お申し込み
八王子アグニホートラ
渡辺香奈子(はりたま)
deekshalaxmi@gmail.com




|

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »