« プラーナで生きる | トップページ | 4月ヨーガ教室・瞑想会のご案内 »

2017年3月31日 (金)

靈氣(レイキ)とワンネスブレッシングの相違

先日アウェイクニングコースを担当しました。

コース案内

このコースは南インドの
ワンネスユニヴァーシティー(至高の光寺院)
で研修を受けた者が、
個々人の苦しみに終止符を打ち、
人類全体の幸福のために
2日間連続のコースとして提供しています。

本来インドでは3週間かけて学ぶ実践的な内容を
2日間10時間に凝縮した濃密なコースです。
インドで研修を受けた私たちは
このコースを提供する際、生活費を稼ぐためや
お金儲けの為、名声を得るためやビジネスとして
行わないよう創始者との約束があります。

私の勤務する楽趣美でも
必要経費のみで提供していますが
自分の学びのためにも
コースを担当し、とても勉強になります。

二日間修了後には意識を開発するための
エネルギー伝授(ワンネスブレッシング)が
自分や人にできるようにイニシエートされます。

高次のエネルギーを伝達する方法としては
日本由来の靈氣(レイキ)が有名です。
目的とするところは同じだと思いますが
レイキとワンネスブレッシングは
似ているところとそうでないところがあります。

特定の宗教宗派に属さないというところは
同じですが、ワンネスブレッシングは
インドで古くから伝わってきた
サンスクリット語のマントラや
チャクラの概念、クンダリニー、アーサナなど
ヨーガでも秘儀的・タントラ的なハタヨーガの観想や
呼吸法 瞑想法を利用するのが特徴です。


ヨーガに関心あるかたにとっては
とても面白く、濃い内容であるには
間違いありません。
私もこのコースを提供するために
インド研究家の伊藤武先生から
サンスクリット語やマルマヨーガなど学んだことが
大いに役立っています。

もう一つワンネスブレッシングの大きな特徴は
エネルギー伝達のためのパイプ役であることを
徹底して学びます。

聖なるエネルギーとつながることは
本来シャーマニックな特別な神秘能力のある
ごく限られた人のものでしたが、
誰でも制限された自己を形作る
マインド(思考)から解放され
聖なる通路となっていく
プロセスを習得することができます。

これまで遠方からもとても真摯なかたばかり
受講いただいており、
提供する側も成長しながら
学び、貢献していけることに感謝です。



|

« プラーナで生きる | トップページ | 4月ヨーガ教室・瞑想会のご案内 »