« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月31日 (水)

薔薇の自然栽培研究1

薔薇栽培といえば綺麗に咲かせるには肥料どっさり、そのために虫もいっぱい湧き出て
殺虫剤 に消毒にと薬品が不可欠で
剪定だなんだ人為が施される
のが通常です。

そんな慣行の栽培方法に
疑問を抱いた始まりは
14-5年前に近所の無人の家に立派な薔薇がたくさん咲いてたのを見た
不思議な光景でした。

草ぼうぼうで全く人為が施されない中、うっとりするような
濃厚な香りの黒みを帯びたビロードの花弁をもつ赤薔薇をたくさん咲かせた木が、無人の家の庭からブロック塀ごしに道路まではみ出ていたのです。
背丈は2メートル以上ありました。

朝早くひとけのないときに
おとづれては手に取れる薔薇をそっと顔に近づけて直に香りを吸い込んで
子育ての疲れをつかの間癒してもらうのが楽しみでした。

野生的で自然な咲き姿に毎回見惚れ
、通常の栽培方法に疑問感じてから
有名な福岡正信さんの本から始まり自然農、自然栽培について古今東西調べ色々試して来ました。
米や野菜の無農薬 無肥料 無耕起 草生栽培というのはありますが
薔薇栽培はまだネットも発達する前だったので当時は見当たりませんでした。
2011年に古代インドの植物栽培術アグニホートラを知ったときに、これは試してみたい!
と探し求めていた方法だとすぐ思いました。
理想のあの赤薔薇の木を再現するには
道半ばですが、人と母なる自然の共同作業とも言える、これまでの薔薇の研究経過をシリーズで書いていきます。

3年前にも同じ内容を書いてました(^^;
【野生薔薇の再現目指して
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/270100/225005/79714820




母なる自然(マザーディヴァイン)を象徴する女神にプージャで捧げ、花聖水(フラワーエッセンス)をつくっているところです。
元々薬草である薔薇を、農薬を使っている市販のものではなく自然栽培で
育てったものをを花聖水はじめ飲用や浄化様々使いたいというのも研究の動機になってます。

無人の家の赤薔薇はこのクリムゾングローリーに似た色と濃厚なダマスク香で、たくさんの薔薇園をめぐり、
また図鑑で調べいくつか取り寄せたものの、あそこまでワイルドに大きく育たずまだ品種を特定できていません。

|

2017年5月26日 (金)

アンマの世界平和と個人的な道

昨日は朝イチで6/9のダイナミック愛好会の瞑想会案内をフェイスブックページにアップし、
夜はアンマの世界平和の祈りをしにいくという
同じインド由来でも相反する二つのものでちょっと内側では混沌なかんじだったが
まさに6/9の瞑想会のテーマ、陰陽統合への布石ともいえる絶好の一日だったのだろう。

瞑想一つとっても
アンマとオショーじゃゴールは同じでもプロセスは全く正反対。

オーソドックスで伝統的 禁欲的なインドの教えのアンマに対して
オショーの言うことや瞑想は
なんと非伝統的、タントラ的 革新的なんだろうとコントラストがはっきりする。

どちらもわたしにとっては
合ってるところと
そうでないところがあり、
取捨選択するのは
全面的に入り込んで一途だった
TM瞑想での教訓もある。

自分が全面的に信頼するのは
無限の内なる【存在】や個人的な
神、創造した神の顕在であり、
それを教えてくれた先生に
感謝はしても先生自身を聖者 神の化身と崇め奉るインド的な
グルイズムは、(神の依り代ではあるのだろうが)
気持ちを醒めさせられて
独りの感覚を強めさせられる。

アンマの組織はそれがお金儲けのビジネスとなってはいないが
グルイズムについていけないのは
自分がインドではなく今生で
日本に生まれた日本人である所以だろう。

マイナスに傾けば孤独感だが、
そんなときこそ乾いた砂地に染み込む水のような働きで、独りあることを教えてくれるのだ。

とはいえどもアンマの環境保護活動、
自然と個人の繋がりにおいては
この15年でとても啓蒙されていて
トゥラシー育てたり、
自然栽培のためにアグニホートラすることに繋がっている。

すでにあるものは帯に短かし襷に長しで、心から満足できるパーフェクトなものなどないのだから
自分にフィットするものを見つけて
人生という貴重な時間をいかにハッピーに生きるか追求するのみだ。









|

2017年5月22日 (月)

薔薇の瞑想会とアンマ来日

昨日は急遽Laxmi ltdのフェイスブックページに告知した薔薇の瞑想会に、
https://m.facebook.com/DivineblessingYou/?ref=bookmarks

いつもお世話になってる高尾のSさんと背中にズラッとチャクラシンボルのタトゥー入りお友達Aさんがお越しくださり、一緒にエネルギーワーク的な
薔薇の浄化の瞑想と体験シェアを行いました。
瞑想とお花やハーブの恵みという
2大ライフワークを分かち合い
心がとても充実しました。

この1週間は小さなハーブガーデンの薔薇も満開〜咲き始め&
遅咲きのつぼみなど色々な薔薇と
それに絡まるジャスミンの最盛期で
素晴らしい香りと雰囲気です。

いつも直前にインスピレーションが降ってくるので
手軽なフェイスブックページで告知することしかできないのですが
本当はこれまでご縁あった方に
メーリングリストでお知らせを送りたいのです。

今後は薔薇が咲き始める
ブッダプールニマから5月いっぱいは薔薇瞑想期間にして、
毎夕のアグニホートラ以外も
土日の午前中に瞑想会を
もしていきたいと思います。
週に一度はサットサンガ
(集まり)グループでの瞑想も
計画していきます。
というのも、
明日からアンマが来日しますが
最初に来日で行ったのは
20年以上前。
この間にアンマの教えである
日の出前に起きたり
トゥラシーを育てて増やしたり
日の入りにはバジャンを歌って
瞑想したりと心のどこかで
カルマヨーギン的、
バクティヨーギン的なところでの
お導きあってのことです。

以前アンマのお弟子さんの
占星術師にチャート見てもらったら
火を使う芸術的な仕事がとても向いてると言われてお菓子を焼いたりするのかガラスを吹くのかと言われたのですが、今はそれがアグニホートラとその生成される灰や大気の中で
植物を育て植栽し実りをいただいたり、アグニホートラとそこから派生した瞑想会をすることだったのだと
思います。
アンマ来日














|

2017年5月16日 (火)

最近のこと

先日の土曜日は藤野のシュタイナー学園にて息子が3回目の体験授業を受けた。
私は高校2年の時にシュタイナー教育を知って衝撃を受けたのと瞑想を始めたのとレコード収集を始めたのがほぼ同時期だった。

日曜日は家族で軍荼利神社の元社のある頂上まで登った。

昨日はマカデミアナッツオイルが近所のスーパーで半額だったので初めてオイルマッサージ用に使ってみたら香ばしくてよかった。

昨日今日と仕事の三つ折りパンフレットを作るのに
パソコンでデザインしてたが
フォント一つとってもこだわると
キリがなく
まどろっこしいので手書きで作った。
パソコンのように綺麗に
写真は入れられないが
切り貼りで作った方が楽しかった。

この前図書館で奇遇に会ったNさんが
午後うちの秘密のバラ園を見にきてくれた。
懐かしのポプリの話をして楽しかった。
近いうちに朝のアグニホートラ瞑想にも来てくれるそうで楽しみである。



軍荼利神社の刀


パンフレット表紙は
小林伸一さんの吉祥宝船





|

2017年5月12日 (金)

プラーナ減量法

40代前後から一気に
別人のように肥出した、
若い時はお洒落で
ファッショナブルだった
知人らがいる。

私もここ数年特に
食べなくても体重が
減らなくなってきて
どんどん脂肪として蓄えられ
これが中年太りかと妙に
納得したものだ。

いや中年太りではなく本来は
物質的な食物を取らなくても
精妙な栄養であるプラーナで生きられるようになった黄金期到来なのだ。

が、食べたらそのまま
脂肪として余分なエネルギーとして
蓄えられる。
普通は諦め中年体型に甘んじるか
過酷な運動に励むかなのだ。

食べたぶんだけ運動量増やして
カロリー消費のため
自宅用のトランポリンも購入して
私も励んだこともあるが
20キロ以上減量できたのは
やはり夜食べなくなったのが大きい。

夜はもう寝るだけだから
成長期でもないかぎり
カロリーは必要ないのである。

それに気づかずに
習慣化してしまった食事を続けると
中年太りまっしぐらで
健康にも精神的にもよろしくない。
元々厭世的な傾向のある人や
美意識の高い人だったら益々
人生が嫌になってくると思う。

昼ごはんや
おやつを満足するように
食べたいものを食べておくと
夜食べないで済む。

そして
夜は早く寝る!
夜食べないと胃もたれもないし
さっさと寝る体制に入れる。

子供がいる人は一緒に8時か9時には
お話でもしながら寝ると子供も喜んで一石二鳥。

翌朝はスッキリ日の出前に起きれて
家事もはかどること請け合いなのだ。

私の場合は毎朝夕のアグニホートラが
このリズムを作るのに非常によかった。

元々瞑想やヨーガを始めた動機が
まだ17、8歳のころ
刹那的に生きて早死にした
パンクロッカーらの人生を鑑み、
自分もこのまま普通に年取って
中年太りして生老病死の苦しみの中長生きしたくない
してもしょうがないと
切実に思ったことによる。

l瞑想やヨーガを続けることで
その苦しみや恐れから
解放される確信があった。
まだ道半ばであるが
自分にとっては正解だったようである。

プラーナで生きることを
減量、健康法や美容法を目的とすると
失敗しやすいという。
副産物としてそれらに肯定的な
変化はもたらされるのだ。

だから表題のプラーナ減量法というのは本来相応しくないのだが
これが究極の減量法だとも思う。
焦らずこれからも自分で人体実験していこう。


































|

2017年5月10日 (水)

ブッダプールニマ(満月)の夜

ブッダの満月の夕べ、
アグニホートラと
先日夫がインドで研修を受けてきた
ゴールデンオーヴ瞑想とプージャ
にHさんがきてくれて
3人で瞑想した。

Hさんはシャーマンワークを
長くされてたかたで
高尾のダイナミック愛好会
の瞑想会にも
参加してくださっている。
ありがたい夜だった。


|

2017年5月 9日 (火)

シヴァサンヒター講座

日曜日は月に一度のお楽しみ、
伊藤武先生の
シヴァサンヒター講座で西荻窪でした。
講座はヨーガを学ぶものにとっては興味の尽きない知識の勉強になるだけでなく、
伊藤先生というアーティストの素晴らしい作品を鑑賞し味わう喜びも感じさせてくれる贅沢な5時間に感謝です。

毎回学ぶ知識に圧倒されますが
生きた教えにできるよう願いつつも
純粋に自分が楽しむだけ
楽しもうという気持ちに
なってきました。


|

2017年5月 6日 (土)

高尾満月瞑想集会vol.20


昨日は高尾ダイナミック愛好会の
毎月の瞑想会こどもの日スペシャルでした。

高尾近隣と遠くは
横浜、練馬、杉並区からも
おいでいただき
充実した会になりました
感謝感謝です

けれども個人的にはちょっと
歌い踊り瞑想での選曲含めて
不完全燃焼というか、、
色々と反省点多く。
あーすればよかったかなー
というのが次々に出てきます。

歌い踊り瞑想でも
自分の好きな曲と参加者のみなさまも
トリップして歌い踊りまくっていただける曲、、

毎回大成功!とはいかないところが
この不完全感が次回こそは!
という原動力になっていますので
まずは自分が一番楽しみながら
微妙な感覚を養っていきたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ダイナミック瞑想に続けておこなっている歌い踊り瞑想は
自分が消え去り
歌や踊りだけがある状態が
内側で、自然に起こるのを助けます

次回6/9ロックの日にちなんだ
岩をも砕くような?
溶かすような曲のリクエストがあれば
ぜひお寄せください

ジャンルは不問
演歌からハードコアパンクなんでもござれお待ちしています

グループで歌い踊る瞑想ができることに感謝
💕🙏💕

「歌うことは神聖だ

ただ踊ることだけがこれに匹敵する

では歌うことや踊ることがなぜ神聖な活動なのだろうか

それが歌や踊りのなかに『私』が
すっかりと
消え去ることができるからだ

あなたは歌うことの中に浸りきれる

そうなったら歌う人は消えうせ

歌だけが残る

踊りもまた同じく

踊りだけが残る

そのときこそ変容の瞬間だ !

歌う人がおらず ただ歌があるとき

ひとつの踊りとなるとき

それが祈りだ

どんな歌を歌うかは全く無関係

それは宗教的な歌ではないかもしれないが

あなたが全面的に歌うことができるなら

それは神への捧げ物となる

また逆もしかりで

あなたは宗教的な歌を歌っているかもしれないが

全面的に歌ってなければそれは世俗的だ

歌の内容はどうでもいい

大切なのはあなたが歌うことに持ち込む質そのものー

その全面性 その強烈さ その情熱だ

他人の歌を模写してはならない

というのも
それはあなたの心からのものではないからだ

そしてそれは

神聖なるものの足元に

あなたのハートを注ぐに値するものではない

あなた自身の歌や踊りを起こらしめるがいい!

-Osho」

|

2017年5月 2日 (火)

インドへ 横尾忠則

昨日20年以上前からお世話になってる瞑想の先生宅に所用でお邪魔したところ、本棚にある本どれでも持って行っていいと言われるので見てたら
横尾忠則氏の【インドへ】の小さな
単行本があったのでいただいた。

町田で開催中の展覧会で先日見たばかりの作品が載っているインド旅行記だった。

インドに興味を持って瞑想を始めたきっかけが最初はビートルズの変貌や
60年代の東洋の叡智の復興など、
私も年代は違えど横尾忠則さんと全く同じなので、とても面白く一晩で読んだ。

瞑想の体験やそれが絵に表現される経緯も興味深かった。

こういったささやかでも楽しませてくれるシンクロニシティがあると
人生はマジカルだと思う。








展覧会は撮影OKだったので
1973年作のポスターを撮った






|

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »