« インドへ 横尾忠則 | トップページ | シヴァサンヒター講座 »

2017年5月 6日 (土)

高尾満月瞑想集会vol.20


昨日は高尾ダイナミック愛好会の
毎月の瞑想会こどもの日スペシャルでした。

高尾近隣と遠くは
横浜、練馬、杉並区からも
おいでいただき
充実した会になりました
感謝感謝です

けれども個人的にはちょっと
歌い踊り瞑想での選曲含めて
不完全燃焼というか、、
色々と反省点多く。
あーすればよかったかなー
というのが次々に出てきます。

歌い踊り瞑想でも
自分の好きな曲と参加者のみなさまも
トリップして歌い踊りまくっていただける曲、、

毎回大成功!とはいかないところが
この不完全感が次回こそは!
という原動力になっていますので
まずは自分が一番楽しみながら
微妙な感覚を養っていきたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ダイナミック瞑想に続けておこなっている歌い踊り瞑想は
自分が消え去り
歌や踊りだけがある状態が
内側で、自然に起こるのを助けます

次回6/9ロックの日にちなんだ
岩をも砕くような?
溶かすような曲のリクエストがあれば
ぜひお寄せください

ジャンルは不問
演歌からハードコアパンクなんでもござれお待ちしています

グループで歌い踊る瞑想ができることに感謝
💕🙏💕

「歌うことは神聖だ

ただ踊ることだけがこれに匹敵する

では歌うことや踊ることがなぜ神聖な活動なのだろうか

それが歌や踊りのなかに『私』が
すっかりと
消え去ることができるからだ

あなたは歌うことの中に浸りきれる

そうなったら歌う人は消えうせ

歌だけが残る

踊りもまた同じく

踊りだけが残る

そのときこそ変容の瞬間だ !

歌う人がおらず ただ歌があるとき

ひとつの踊りとなるとき

それが祈りだ

どんな歌を歌うかは全く無関係

それは宗教的な歌ではないかもしれないが

あなたが全面的に歌うことができるなら

それは神への捧げ物となる

また逆もしかりで

あなたは宗教的な歌を歌っているかもしれないが

全面的に歌ってなければそれは世俗的だ

歌の内容はどうでもいい

大切なのはあなたが歌うことに持ち込む質そのものー

その全面性 その強烈さ その情熱だ

他人の歌を模写してはならない

というのも
それはあなたの心からのものではないからだ

そしてそれは

神聖なるものの足元に

あなたのハートを注ぐに値するものではない

あなた自身の歌や踊りを起こらしめるがいい!

-Osho」

|

« インドへ 横尾忠則 | トップページ | シヴァサンヒター講座 »