« 志田明神ー 映画sidamyojin | トップページ | 7/7満月瞑想集会-ダイナミック愛好会 »

2017年6月24日 (土)

1年で最も日の出時間の早い

夏至が過ぎて一番朝早い時間は超えたといっても4:32。
自然と起きれて、前の晩は気持ちよく入眠できるようになったのは
アグニホートラのおかげである。

その後3時間くらい植物に水やりしたり植え替えたり収穫したり刈ったり撒いたり株分けしたり
土にまみれて夢中で手入れをして、
少し余裕があれば写真を撮ったりする

瞑想やヨーガアーサナも
以前のように決まったプログラムを
義務感もしくは習慣でやるのではなく、その日の気分でやるようになった。

朝起きたらまず自分のやりたいことをすると決めると
どんなに眠くても布団から出れるとどこかで読んだ。
マザーディヴァインと共同の芸術行為は最高のモチベーションだ。

昨日15、6の頃から好きだった
女性ミュージシャンのことを
ふと思い出しブログを数年ぶりにみたら4年くらい更新なしだった。

遡って読むとガンの手術で一命を取り留めたものの不眠と不安で精神安定剤を沢山飲んでも効かないこと
鬱から逃れるために多幸感をますドラッグ渇望し歳をとることの恐れを綴っておられた。
多分、自殺念慮故で精神病院にも入院してたことが書かれていた。

当時、退廃的 背徳的 耽美さが魅力だったMさんらしいとも言えるが
年齢を重ねる年月が、芳醇な味わい深い人生を醸すことなく、
ビニールでできた人工的な
薔薇よろしく時間とともに色褪せ
ヨレてしまう定めなら、
どこかで造花ではなく
本物の花を咲かせる方に意識を変えていく必要があるのではないか

自分は今は気持ちよく眠れて起きれているが、Mさんのように眠れない夜と
起きれない 、起きたくない朝の不毛で
無意味でただ時間だけが過ぎていく虚しい日々が山ほどあった。

しかしドラッグや薬ではなく
20数年前に瞑想に導かれた。
アグニホートラはその中でも主観的に
最高のナチュラルトリップだと思う。

Mさんのような状況の、またかつての自分のような人にこそ
体験してもらいたいと切に思うが
人に伝えるのも難しい。一人細々とでも続け、実際の植物の生命力で証明していく他ない。

Img_4115_2
在りし日のビニールローズなMさんことマリリン(有機生命体)

|

« 志田明神ー 映画sidamyojin | トップページ | 7/7満月瞑想集会-ダイナミック愛好会 »