« プラーナ生活の幕開け4 | トップページ | Be here now! »

2017年7月22日 (土)

二歩進んで三歩下がるプラーナ摂取プロセス

プラーナ生活に入り10日ほど過ぎ、食べることから自由になってきている快適さと、
これまでの食べ物を欲する感覚との間で行きつ戻りつ、2歩進んで3歩下がりながら、精妙な栄養を摂取する、という可能性に開かれきた。

それにしても、これまでの人生いかに人一倍、子供の頃から食べ物に、食べることはもとより料理することや
外食も含めて
慰められ癒されてきたのだろうかと思う。

それが生きる喜び全てだった
といっても過言ではない。
食べることが生きがいだった。

料理は人生を彩るクリエイティビティの発露であり、
穴の空いたバケツに日々注ぎ込むように食を追いかけて享受していれば、
向き合わずに済む虚しさ 退屈さ、究極的な理由なき存在の悲しみ。

それらが物理的に食べなくなると
時間やエネルギーが
できるぶん、むき出しになって出てくる。

そんなとき、ワンネスで学んだことがとても役に立つ。
出てくるもの全て、否定的なマインドであれ【変えようとせず分析せず】

ただその虚しさを受け入れ、
体験する。
と、
心理的にジタバタするような葛藤が生じないのだ。

いかにこれまで面白くない感覚を
飲んだり食べたりして気晴らしして
紛らわして飲み食いで癒されてきたのかが如実に分かる。

以前は味覚の、また満腹感の虜、
慢性的な中毒だったのが
徐々に食べ物と健全な付き合いになってきてるのが何より嬉しい。

味わいもせず習慣的に口に詰め込んでは食べ過ぎて気分が悪くなり
体が重くなる悪循環より、
少量でもよく味わって感謝が沸き起こるような食べ方をしていきたい。

プラーナ摂取として
サンゲイジング(朝日からエネルギーを吸収する)というのもある。

私は日の出前に起きることが長年の切実な願望だった。
精妙な栄養を得ることに魂から求めていましたのだが、なかなか実現できなかった。

今はアグニホートラの実践通して目覚ましなしでも夜明け前の一番静寂のときに自然に起きれるようになったのが一里塚だった。

アグニホートラは自分が自然界からヒーリングを受けるだけでなく、
地球に癒しを与えているという
相互作用が
他にはない深い満足感を与えてくれる。

私という個人が人間として心穏やかにこの地球で生きていくのに
瞑想〜アグニホートラ〜プラーナ生活へと20年以上かけて辿ってきたが


これからはたまには
立ち止まって心惹かれる
風景の絵を描いたり
物語を紡いだりもしながら、
残りの人生を楽しめばいいんだと
リラックスしてきた

物理的な食が減ることは
焦りや恐れも減ることにつながる。

聖なる栄養素の摂取率が高まることと
心の平安が比例するのを実感している。
醜形恐怖で自分の顔を
まともに見れない時期も長かったが
目に見えない栄養に浸ることは
その改善になるのは副産物だった。






























<

|

« プラーナ生活の幕開け4 | トップページ | Be here now! »