« 7/7満月瞑想集会-ダイナミック愛好会 | トップページ | プラーナ生活の幕開け2 »

2017年7月12日 (水)

プラーナ生活の幕開け

ジャスムヒーンさんの4日間のワークショップでは
たくさんの知識と瞑想法 マントラ(パワーコード)
自己ヒーリングなどを伝授いただきましたが
何より実際にプラーナー慈愛と平安の中で生きている
生きたお手本、進化した人間の姿を見せてもらいました
あの声や表情がありありと私の中で
再現されます。

著作でもプラーナで生きるための
たくさんの情報や瞑想を公開してますが
実際にお会いして伝えてもらうことは
重要だと思いました。

4日間で105000円という大金で
うちから遠い会場まで連日通うことは
通常の私の感覚からしたらまずありえないのですが

食費が減るなら安いものだ、と夫は言ってくれましたが
金額以上の価値があったと思います

来日を知った時
理屈ではなく参加したいと強く思い
終わってみて思うに、これは瞑想を始めた
17-8才の時から全ては
プラーナで生きるための準備
だったのではないか、

さらに遡れば最初のサマーディの体験。
幼少時、押入れの中で体験した
暗闇の中で無限に拡大する
純粋な意識の安心感にずっと
惹かれ導かれてきたように思います

しかし、よくありのままーあるがままを
受け入るなどと人は言いますが、
私はありのまま あるがままの
自分など到底受け入れられませんでした

人からも受け入れられない
人生を過ごしてきました。
一般的な価値観や感覚が
180度逆さまに思うことが多く
ずっと変わり者とされてきて
いこごちの悪い違和感を
どこにいっても感じてきました。

菜食になって改善するまでは
20代半ばまではアトピー性皮膚炎もひどく
醜い姿で痒みに苛まされ
生きてること自体が苦痛でした

そんな中せめて仕事だけは
やりがいのある、
自分の学びたいことを深めたいと
高校生の時から痛切に願いました。
そのためにこれまで学んで実践してきたことー

瞑想 アーユルヴェーダ ワンネス
タオ アグニホートラ
マルマヨーガ サンスクリット語
植物を育てること 自然栽培 宝石療法の仕事
音楽 ダイナミック瞑想会諸々
今回全て繋がって
さらに展開していくのに大きな恩恵をうけました

一歩外に出ればスピリチュアリズムへの偏見 そして抑圧
否定の中でこれまで過ごしてきましたが
ジャスムヒーンさんに会い、それらも氷解され
なんとこれまで自分は孤独だったんだろう
と思うと涙が自然と溢れて魂が癒されました。

常識的にはぶっ飛んだことばかりですが
こういうこと自分は知りたかった 、
ということのオンパレードでした。

私同様
プラーナで生きること 人間の制限から自由になっていくための情報やツール
を必要としてる人というのは
ごく少数だと思いますが
皆無ではないはずなので
今後は自分の実践と気づきを深めつつ
学んだことを
分かち合っていきたいと思っています。


|

« 7/7満月瞑想集会-ダイナミック愛好会 | トップページ | プラーナ生活の幕開け2 »