« スピリチュアルな支払い | トップページ | »

2017年8月24日 (木)

スピリチュアル・アビュース(虐待)

昨日たまたま行った
図書館の新刊コーナーに
「カルト宗教事件の深層/
藤田庄市著」という新しい本があった。
以前から調査してる分野なので
最新情報に触れるべく借りてみた。

昨日書いた、スピリチュアル・ビジネスどころではない、桁はずれのスピリチュアル・アビュース(霊的虐待)の事例のオンパレード、全てノンフィクションな霊的虐待の数々。
ページをめくるのが恐ろしい事例ばかりだ。

似て非なるとはいえども
同じヨガをやってる者としてはO教団の真面目な元幹部には関心あるし、ミュージシャンToshil氏の【洗脳】も出てすぐ読んだが
玉石混交のスピリチュアルな世界においてで、
まさにToshil氏の受けた被害は最低最悪だと怒りに燃えてしまう。が、冷静になってこれを反面教師とさせてもらうしかあるまい。

ちょうど「あるヨギの自叙伝」
もここのところ読み返してたので
スピリチュアル本の珠玉を並行できてこの世界への嫌悪感だけで終わらず済んだ。

スピリチュアルに限らず最高と最低がごった煮で共存している世界で
生きているんだと改めて思う。

泥水から茎を伸ばして清純な花を咲かせる蓮の花はまさにこの世の象徴だ。



日々断片的に浮かんでくる事を、読み手のことを考えずに思うままに書いてる。推敲もしない文章をブログに書いて、実際に知人に読まれると恥ずかしいものだ。

あるヨギの自叙伝011ka-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=4627999313&linkId=3b3c5836e29d4500fd67f5ce693d86d9">

カルト宗教事件の深層
藤田庄市
http://amzn.to/2isNnQG

|

« スピリチュアルな支払い | トップページ | »