« ダイナミック瞑想の前と後 | トップページ | »

2017年9月 7日 (木)

アーナンダミド満月会

昨晩、満月の夜に高尾で満月の瞑想会をやった。
脳松果体の再生と活性が、あらゆる飢えからの解放、プラーナで生きる上で不可欠らしいということで、日々実践、実験してることを分かち合う機会をいただいたのだ。

アグニホートラは地球と繋がり
世界中の有志とともに行うので
深いレベルでは、生きとし生けるもの全てとの一体感あるのだが、
夕方は参加する人がたまにいても
朝はまだいないので、
この気持ち良さを
物理的なレベルで分かち合える友を
切に半年くらい前に願ったら、
高尾駅徒歩3分の場所に
瞑想カフェなるものをオープンするというAさんと知り合ったのだ。

これもお導きとお店の庭にホーリーバジルや薔薇を植えにいったり、週一でアグニホートラを出張しに行くことになったのである。

その延長線上の昨日だったのだが
脳松果体の再生 活性のための
ホルモンであるメラトニンとセロトニンの話しから、
多幸感のマリファナホルモン?とも言われるアーナンダアミドをヨーガで
自ら合成、分泌する話になり、
Aさんと参加者がこの
アーナンダアミドという語を
気に入られて、(私も大好きである)
この満月の瞑想会の名称を
「アーナンダミド」
にしたらどうかとなった。

3人からスタートしたアーナンダミド満月会が、どのように今後成長して行くのか未知だが、これも高尾ダイナミック愛好会で満月に合わせて瞑想集会を2年続けてきて派生した感がある。

孤独と独りあることは違うと
いうが、シヴァのTシャツを着ると
時折亡霊のごとくやってきてくる
分離感が背中から癒されてくる。








|

« ダイナミック瞑想の前と後 | トップページ | »