« | トップページ | »

2017年9月19日 (火)

サマディ(サマーディ 三昧)という単語が好きです。

最初に知ったのはタバコの名前ででした。(笑)

17、8の頃バイト先近くのデパートのタバコ売り場にあったちょっと珍しいものでした。

買ってみようと思った時にはもう販売中止になってました。

1年も販売期間がなかったという
クローブ入りの草煙に
サマディと名付けた人は
インド好きだったんでしょうか

すでに憧れのインドの瞑想のイニシエーションは受けていましたが

私の半生、生活全てが
瞑想してるときもそうでないときもずっとサマーディの状態こそ求めるものでした。


小さな頃から、押入れに一人入ってはまっ暗闇の中で、自己が消え去る。

と同時に全てが自己となっていく、

ゾクゾクする無限に広がっていく意識の安堵感。

何度も繰り返して、
誰に教わることなく密かに三昧してました。

十代の頃はレコードを次々ターンテーブルに載せては音楽も三昧してました。
音と一体となって踊ることも小さい時から好きでしたが
音楽と静寂に浸る瞑想はまだ別々でした

インドで体験したバジャンだけでなく伝統音楽だけでもない、
対極のパンクロックやトランス的なダンスミュージックも好きだけどそれだけでもない。

「歌うこと 踊ることは瞑想の源泉だ」

ということをOShoの本で知り、
「これが私のやりたかったことだ!
と予感して
思い続けてるうちにアグニホートラとオショー通してできた友人と高尾ダイナミック愛好会が発足しました

最初は3人で初めて、
参加者を募りましたが
メンバーは減ったり増えたりを繰り返しながらも

途中、テクノロジーの恩恵受けて瞑想しながらDjできるようになったり

Oshoのスピリットから禅タロットでテーマを考察 深めるよう
インスピレーション受けたりしながら3年目迎えました。

今度で24回目になるわけですが
特に思うのはダイナミック瞑想で深い覚醒の意識状態から連動して、
トータルに歌い踊り瞑想することがとても素晴らしいということです。

こういう体験求めて昔の人たちはドラッグで変性意識 や拡大した意識を求めていたのかもしれませんが
私たちの脳の中には既に天然純度100パーセントのハッピーホルモンを合成できる機能があるのです

それが最大限に発揮されるのは死を迎えるときなのだといいますが
それを待たずに、普段からその歓喜の中で生きたい。
そう思う人の参加をお待ちしています。

https://m.facebook.com/fullmoonmeditationparty/満月瞑想集会10/3



|

« | トップページ | »