« | トップページ | »

2017年10月21日 (土)

似て非なるもの

推理小説のネタバラシが先にあったら、感動も半減するのかもしれません。

答えのわかってるクイズも、正解した喜びは味わえないとは思います。

謎だから、謎解きは面白いのです。

それでも、この世に生を受けた意味がわかったときには、これまで目的地のない電車に乗っていたような、目隠しして歩かされてきたような、ひっかけ問題に苦悶していたように思えてしまいました。

インターネット見せるには親は子に
年齢相応にフィルターかけるのと同じで、時が満ちたときに人間は真に生まれてきた意味をしるのかもしれません。

人生は謎解きゲームだという意味がやっと理解されました。

それ先に教えてくれたらもっとラクに生きれたのに 、、と思いましたが
考えてみれば、これまで誰かの言葉だったり本から、真に生きるとは真に死ぬこととみたり、的な逆説的なことはよく見聞するものです。

しかし単なる、生まれてきた人間全員に宿命づけられてる死ではなく、
似ていても180度違う死に方をするために生まれてきたということは、
前世というものがあるなら、次こそは!と思ったのかもしれません。

自殺願望と、自らの意思で魂の故郷へと戻っていくマハサマーディの成就は、似ていても、真逆に百八十度違います。

飢餓とプラーナで生きてることも、物理的な食べ物を食べないのは同じでも、恐れと幸福感という全く真逆の異なる意識状態です。

世界平和も、不安や恐れから武器や兵器で武装した争いのない状態と、無敵性故に武装の必要性から解放されたワンネスの意識状態は似て非なるものです。

そのような状態へ人類が進化していく今は途中ではありますが、数百年後には、実現している未来を思い描いていきたいと思います。






|

« | トップページ | »