« 桎梏を逃れる | トップページ | 高尾ダイナミック愛好会vol.27 »

2017年12月22日 (金)

トムヤムクンラーメン

物質的な食べ物を食べられないでも、
無料で無尽蔵のプラーナに栄養依存を移行していくことが、私にとっては、この地球上で人間として生きる桎梏から逃れる裏道だったということを昨日書きました。

今年7月のジャスムヒーンさんのワークショップに出てから一か月くらいは余韻が続いたのか、ほとんど食べないで済んでましたが、最近は週に2、3日のジョーティッシュの断食日以外は、惰性や習慣ではなく純粋に食べること自体、料理もさらに楽しんでます。
それでも以前の大食い時代からすると1/3以下に食費も減ってきました。

元々料理が趣味だったのですが
以前はアルバイトを朝昼夜と掛け持ちしていたので、パン屋やホテルのレストランなど、まかないで食事をいただいてました。

食費がかからずありがたかったですが、アトピー性皮膚炎の治療で菜食になってからは、自分でアーユルヴェーダ的に作ったベジタリアン料理を食べれる日がくるのを願っていました。

今は仕事場に住めるようになり、好きな食べたいものを作るのも(野菜を作るところから始める)食べないのも自由。

カップヌードルのトムヤムクン味は手軽にタイ料理を味わえていいのですが、自宅でもインスタントラーメンとトムヤムクンペーストを使って
野菜もたっぷり入り、いいとこ取りで
ラーメンが作れます。
冬場も鉢植えで育ててるパクチーを入れるのがご馳走の決めてです。

【簡単 美味しい トムヤムクン風味の
ラーメン】

1 前の晩に500ccの
浄水に昆布を入れてだしをとっておく

2 保温調理器のシャトルシェフの鍋に1を入れて沸騰前に昆布は取り出し、
キャベツ 大根 人参 カリフラワーなど季節の野菜と刻み生姜 月桂樹など入れて香り高いスープを作る

3 2のスープにトムヤムクンの元を好みで入れて溶かしたものでインスタントラーメンを作る

4 パクチーをちぎって乗せていただく

私はエビなし・インスタントラーメンもベジタリアン仕様の菜食バージョンですが、好みで色々投入したり、好きなラーメンを使って創造的にラーメンを楽しむことができます。



|

« 桎梏を逃れる | トップページ | 高尾ダイナミック愛好会vol.27 »