« 高尾ダイナミック愛好会vol.27 | トップページ | 1.生きづらさと押入れの中のサマーディー »

2018年1月 4日 (木)

毎日が正月休みの人生へ〜新年の抱負

お雑煮に入れる大根とネギを取りに、近所で借りてる畑に行った以外、正月の三日はほとんど、こたつで図書館で借りた本を読んでいた。

これまでは初日の出を見にいったり、近所の神社へのお参りも毎年朝一番に行ってたが、
日の出前に起きて瞑想して、普段自分でプージャやホーマ(護摩)をしてると、聖なるものとの交流に満足してるせいか、あえて寒い中、初詣に出かける気がしないのだ。

引きこもりと言われる人の心情も分かるというものだ。
高尾山は今年もまたすごい人出だろう。ひと気がなくなってから行くかもしれない。

家族にちょっとした食事の用意をするのは、元々料理好きなのでいい気分転換だ。
2日は初断食して爽快だった。

これまでのように、食べ過ぎた過剰カロリーを消費すべく、出かけて歩いたり、
家でもユーチューブの減量ヒップホップ動画見ながら踊ったり、家庭用トランポリンで30分も1時間も飛び跳ねたりしてた(涙ぐましい)負のサイクルから外れて楽になった。
(ダンスもトランポリンも遊びでは楽しいが)

いっときの食の快楽と引き換えの体の重さ 倦怠感 腹に蓄えられる脂肪は、元々生きづらさを感じている人間にとっては、地上で生きるにあたり、ますます重苦しく、生きるのが辛く嫌になることに拍車をかけるものだ。

そして消費した分はまた働いて、終わりのないサイクルの果ての、病気 老化をたどる人間の一生。そんな人生は不毛だ。

お誕生日もそうだけど、祝祭日は日常生活とあまりギャップが無い方が自分には精神衛生上、いいような気がする。
といっても普段を祝祭日に近づけられたらいい、という意味でだ。
ギャップがあるほど辛くなるんじゃないかと思う。

毎日が正月休みだったら最高だ。
サザエさん症候群と同じく、三が日症候群なんてのもあるんじゃなかろうか。

読んでた本の内容は、非正規雇用のワーキングプアや貧困関連で、
新逆の意味で盆も正月もおちおちと休められない人々のルポだ。

自分自身20代半ばまで不安定な雇用状態の当事者だったので身につまされ共感する内容ばかりだ。

取り替え可能な労働者は、人権無視のパワハラセクハラあたりまえの世界で生きている。
私も奴隷のように働き、何度か突然の解雇もあった。
リストラという言葉が流行りだしたころである。
その頃私は、1ヶ月のうち休みは一日あるかないかで、早朝から夜まで、自分の人生、時間を切り売りして生きていた。

合間に通信制の短大で学んでいたので夜行電車で愛知県までスクーリングにも通っていた。

その頃、1995年はヨーガ団体O真理教の地下鉄サリン事件があり、インドやチベット密教がお茶の間で危険なものと流布されていた。

ヨーガ、瞑想、アーユルヴェーダ、
自分の学んでるのは、似ていても非なるものだと思っていても一般的に誤解を受けるのは必至な状況だった。

ももちろん親には全く理解されないので、自分で稼いで家賃を払い学費を捻出した。

誰にも理解されなくても
自分のやりたいことと、やるべきことが一致するその日に向けて、一人ポツネンと瞑想し働いた。孤独だったが
将来のビジョンは超越瞑想の教師として、世界平和に貢献することと明確だった。
何があろうと精神的には前向きだった。

1996年10月、タイのバンコクでアジア中の女性が集まる2週間くらいの瞑想合宿に参加したのが転機となった。

初めての海外だった。気だるい陽気の中、白亜の建物の中で瞑想と美味しいヴェジタリアン・タイ料理三昧だった。

コース途中、25歳の誕生日がマザーディヴァン(母なる自然)勝利の日という、何やら吉兆な日に当たっていて盛大にお祝いしてもらった。

帰ってきたら、2週間休みをもらってる間に、二つのアルバイト先から同時に解雇通知され、一挙に無収入となった。
その2年ほど前、部屋を借りるお金がなくて一時期ホームレスだったことがある。またもやホームレスに戻るかの瀬戸際だった。
当時はまだなかったが、今だったらネットカフェ難民だっただろう。

しかし捨てる神あれば拾う神ありだった。あれ以来、恩返しの日々と思って生きてるが、21年もたつと、あの解雇され途方にくれて歩いてた夜のことなど忘れてしまっていた。
貧困問題の本を読んで思い出すことができた。

心ある人が、様々なアプローチで社会へ現実的な取り組み、支援、貧困対策、提言、改革を行っている。
そんな中、私にできることはなんだろう。
全て金儲けで環境破壊などしったこっちゃない世界。
貧困や今のどうしようもない格差社会から抜けて、心豊かに生きる逆転の発想、価値観、既成概念を変えて心豊かに生きることができたら。

毎日が正月休み、毎日がお誕生祝いのような喜びの日々を送るための、裏技的な智慧をこれからも、探っていきたい。

私自身、これまで辿ってきたことを振り返り、実体験に基づいて以下16項目を書いてみようと思う。


http://kanako-laxmi1011.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/1-bee9.html">生きづらさと押入れの中のサマーディー

2 植物 香料の世界へ

3 管理教育とオルタナティブスクール

4 チェルノブイリとアングラパンクロック

5 ビートルズとサイケデリック・レボリューション。
瞑想のイニシエーション

6 母の死と瞑想への誤解

7 アトピー性皮膚炎とアーユルヴェーダ 〜ジョーティッシュと宝石療法

8 フィットネスクラブと現代人

9 洗脳とハタヨーガ、チャクラ瞑想 インドの寺院で

10 神の恩寵〜借金完済

11 存在の悲しみと大笑いの効用

12 結婚生活と自宅出産

13震災とアグニホートラとの出会い
灰の利用

14レイヴとダンス瞑想

15 ブレザリアニズムとプラーナの糸

16 生きる目的〜幸福な生と死へ
































|

« 高尾ダイナミック愛好会vol.27 | トップページ | 1.生きづらさと押入れの中のサマーディー »