« 1.生きづらさと押入れの中のサマーディー | トップページ | オウム真理教裁判終結に思う »

2018年1月12日 (金)

ダイエットの裏技(プラーナ)

朝9時、開店早々の地元のイトーヨーカドー。1階のガラス張りの明るいフードコートはお気に入りスペースだ。

朝一番に買い物に出ることなどなかったのだが、息子の登校に合わせて、朝一緒に家を出て、このイトーヨーカドーに途中寄るのが平日は日課になった。

おはようございます、いらっしゃいませと爽やかな雰囲気でお店の人が出迎えてくれる中、値引きされた食品をハイエナのように見つけて回る。

休憩所ではコーヒーを飲んだり、朝のひと時を一人静かに過ごしてる人ばかり。ランチタイムの騒々しさからすると別世界だ。

ポットにお湯も用意されているので、好物のトムヤムクンのカップ麺を購入して食べることもできる。

自由に使える、沢山ある椅子とテーブル席。冬は暖かく、夏は冷房が効いていてありがたい。

このイトーヨーカドーの中にある小さな本屋で、5年前に伊藤武先生の「秘伝 マルマツボ刺激ヨーガ」の本を見つけたと思うと感慨ぶかい。

それがきっかけで、マルマヨーガの12回講座を修了し、サンスクリット語、ハタヨーガの開祖ゴーラクシャ講座、シヴァサンヒター講座と学びながら、マルマヨーガを実践し、伝える機会も得てきた。

先日の西荻窪サハジャでのお試し講座で、アーサナを担当させてもらったが、今月20日から始まる連続講座でもアーサナ担当、スタッフとして参加できる僥倖をいただき、ワクワクしている。

そんな中、数日前に久しぶりに体重計に乗った。
断食明けしかも普段から食べる量も減ってるのだから増えて無いと思いきや、なんと2キロ近く増えていて愕然とした。

息子の冬休み期間は、朝のウォーキングもお休みになるし、初詣にもいかずにコタツでねそべって読書ざんまいで、普段にもまして動かなくなってはいた。

それでも週に2日は断食、それ以外は一日一食〜半断食で以前からすると半分以下に減ってるのだ。
お雑煮も餅抜きだったのに、、体重が増えてしまうミステリー、、ではなく、

30代以降は、基礎代謝量が落ちて太りやすくなり、歳を取るごとに拍車がかかる。
特に冬はアーユルヴェーダでもカパが増悪するので、有酸素運動や筋肉量を増やすために活発に体を動かしトレーニングしましょう、というのが定説だ。

歳をとって中年太りして、近所の温泉でよく見かけるゴリラの大群のようなおばさんたちのようになるか、
冬眠でもしたいのにムチ打って必死のトレーニングするかしか選択肢がないのでは、せっかく素晴らしい時代に生きているというのに、厭世観丸出しの人生になってしまう。

太って体が重くなるのは嫌だ。
かといって中年の悲哀から、やりたくもないトレーニングなどしたくない。

ここは少しでも楽に気持ちよく生きるために、発想を転換しよう。

基礎代謝量が減る、ということは物理的な食べ物の必要量が減ってきている、つまり少ないガソリンで走る燃費のよいハイブリットカーのように進化していることと同じと言えまいか。

経済至上ではお金のため、食って行くためだったら魂さえ売り渡すことだってするだろう。

しかし、ハイブリッドになってガソリン少なくなってくれば金銭の奴隷からも解放されてラクに生きられるのではないか。

プラーナ摂取率が上がり、
それが100%に近づくにつれ、食物としての栄養が必要無い状態となってくる、、とすれば
お金も時間も節約できて、その分をのんびりしたり、本当に自分のやりたいことに使えて経済の奴隷ではなく、人間らしく生活できる。

空腹自体はじつは気持ちいい。
出先で美味しそうな匂いが漂ってきたりして食欲を刺激されても、プラーナ呼吸法や嗅覚を使うことで、満足できる方法がある。

しかし美味しいものを味わう喜び、というのはまた別で、この味覚の虜になると、必要以上に食べてしまい、余分に蓄えられる脂肪の元になってしまうのだ。

昨日、丁寧に土鍋でご飯を家族のために炊いた。
自分は食べないつもりが、つい一口だけ、、が、とろろ昆布を乗せてお醤油垂らしたら止まらなくなってしまった。炊きたてご飯は至福の味だ。

生地から手作りする、餃子やピザ。 甘酒で発酵させるパン。家庭の味も既製品にはない満足感を与えてくれる。

冬場は土鍋に炭のようになった小石を敷き詰めて焼きいもを作る。
暖房兼ねて一石二鳥でもある。

エスニック料理の刺激的で風味豊かな味。
特に好物トムヤムクンは、前世の記憶を呼び覚ますかのごとくだ。
嗅覚だけで満足できるような域にはきていない。

が、プラーナはそれら五感を超える喜びであり、全ての栄養の源である、と定義される。

この無料・無尽蔵の愛のエネルギーで満たされて、お腹いっぱい、胸いっぱいのハッピー状態で生きている人たちが、ヨガナンダさんの『あるヨギの自叙伝』に出てくる。
過去だけでなく現在でも世界中で出現している。

脳の食欲と性的な満足を司ってるところは隣り合わせだという。
食べ物も性も物理的に依存になりやすいはずだ。

何であれ依存は不自由である。
しかしながら食べる喜びもまだ半分は楽しんでる今は、余分なカロリー、脂肪を燃焼させねばなるまい。

アグニホートラは物理的にも煙が不思議な満足感を与えてくれるので、ダイエットになるのではないかと密かに感じている。

さらにアンタルホーマ(火の呼吸法)で余分な脂肪も燃焼できるかも実験しよう。
寒い冬は出来るだけ亀のように動きたくない。
大いに食べて大いに動く、それはこれまでさんざんやってきたので、
もうそろそろこの無限ループから、
脱出したいのだ。
食べることだけが楽しみで入れ歯の老人として生きていくのか。

ヨーガやってるんだったらそんなお決まりパターンの人生ではなく
プラーナでも生きれる自由を享受してなんぼではないか。
最小の努力、いや努力ですらなくひたすら気持ちよくなりながら、
最大の結果が出るような、
少しでもこの世でラクに健康に生きられる方法はないのだろうか!?

ヨーガと一口で言っても肉体から精妙体と様々な次元の働きかけがあるが、
20代のころ、ヨーガとの陰陽のバランス取るためと、最新のトレーニング理論を学ぶため、スポーツクラブで研修しウェイトトレーニングのインストラクターとして働いていた。

(ミスマッチながら色々勉強になった。そのころのエピソードはまた改めて書きたい。)

肉体を大切にして鍛えるのも大事だが、究極にはプラーナで生きることが、ハッピーライフのスタートであると思う私にとって
プラーナの座であるマルマを意識するマルマヨーガとの出会いをくれたイトーヨーカドーには感謝なのである。

Facebookページ マルマヨーガ研究会










|

« 1.生きづらさと押入れの中のサマーディー | トップページ | オウム真理教裁判終結に思う »