« 卒業2 | トップページ | 夢 »

2018年3月22日 (木)

ツボが好き-マルマヨーガ個人指導のご案内

そういえば、小学生くらいのころにくすぐったがりの弟にふざけて、
「ツボ治療!」などといいながら
指で体の特定の箇所を攻撃しては遊んでいたのを思い出した。

親にもよく肩もみなどやっていた。
誰に習ったわけでもないが、触ると凝っている、もしくはわずかに凹んでいるところ、快感ポイントはなんとなく分かった。そこを集中攻撃するのは自分も楽しかった。

中学生の頃は、足の裏の土踏まずが歩いているとムズムズして、靴の下からも石でグリグリ刺激すると気持ち良く、ツボにうまいことあたる尖った石を、探しながら日々登下校していたものだ。

自分がやってもらう側でツボの快感に目覚めたのは、忘れもしない高校1年の時だ。

運動嫌いな私がなぜかその時、走りまくりたい衝動に駆られて陸上部なるものに入部した。

校庭で走るトレーニングの後に、屋内の体育館で二人組になって、お互いにマッサージをし合う、というのが練習プログラムに組み込まれていた。

その時に初めて、足裏のツボ押し指圧的なマッサージを相方から受けた。
初めて受けた時の快感を、なんと表現したらいいだろう。言葉が見つからない。

トレーニング後の疲労感がさらに快感度を高めたのか、足の裏なのに、なぜかアゴが外れるような、えもしれぬ気持ち良さだったのを今でも覚えている。

その時に将来、結婚する相手はマッサージの上手い人がいい!と決意したものである(笑)

最近、HSP-ハイパーセンシティブパーソン、という概念を知ったが、ほとんどチェックポイントに当てはまる私は、変に人一倍敏感で学校では辛いことばかり強調される感あったが、身体に潜む快感は、生きづらさとのバランスを取ってくれた。

気持ち良さの探求の延長でヨーガに惹かれて入門した。
瞑想は気持ちいいけど、その準備としてやるよう習ったアーサナは、たまにやる分には良くても、毎日朝夕となると面倒なだけだった。
それより、とっとと快感の海にダイヴもしくは雪山を滑り降りていきたい、と準備体操など端折ってしまうのだった。

それでも、ストレス感じて人一倍体が凝りやすく固いので、瞑想の準備とは別にしても心身の健康の為に何かしら体を動かすことは必要なのだ。
なんとかアーサナを行う動機付けとして、子供が小さい時は、ヨーガブームに乗ってママ友さんがたちとヨーガサークルをやっていた。

そのうち、本格的にアーサナを学べば、やる気も出て一石二鳥だと思いついた。
タイで以前、古式マッサージを受けたのが気持よかったので、タイ式ヨーガ体操をワットポーという有名なタイのお寺に習いに行こうと思いつき、日本人でも習得できるコースを調べた。

同時にマンタックさんの『タオ性科学』シリーズも読んで人体に潜む潜在力と可能性に感銘を受けていたので、ニューヨークにある(と本に書かれていた 。今はタイにある)ヒーリングタオセンターまで奥義を習いに行きたいとまで思っていた。

健康・美容のためにヨーガの体操かそれに準ずるようなものは続けたいと思っていたのである。

しかし、小さい子供がいたら数週間でも勉強しに海外に行くのは難しく結局は断念した。
その後に近所で伊藤武先生の『秘伝マルマツボ刺激ヨーガ』の本を見つけた。

マルマヨーガは単にポーズを取るだけでなく瞑想とマッサージ、ツボ治療が合わさっている。
効果抜群だし楽で何より気持ちいい。

特にオイルマッサージと合わせて行うと気持ち良さも効果も倍増する。
海外までいかずとも伊藤先生から講座も直接学んで、免状をいただき去年からLaxmiltd.の瞑想ルームにてマルマヨーガの個人指導を行っている。

マルマヨーガのおかげでこれまでやってきた様ざまなヨーガに応用、アレンジして自分だけのヨーガを見つけて、楽しむこともできて、結果長続きできる。

ご指導をご希望の方は、下記までお申込みください。お待ちしています。

秘伝マルマツボ刺激ヨーガアーサナ
個人指導 3か月基礎コース 

週一回ご希望の曜日時間にて

1・5時間×12回 35,000円
お申込み
















|

« 卒業2 | トップページ | 夢 »