« 共鳴の法則 | トップページ | 宝石デザイナー »

2018年4月 5日 (木)

花粉症の

2、3年くらい前から春になると所謂、花粉症的な症状が出るようになってきたが、野口整体でも言ってるが病名をつけると固定されてしまう感があるので、あくまで春の浄化、ということにしてきた。
おかげで不快でも気分的に憂鬱さはないのだが、今年は特に症状が激しい。
デトックスと思わなかったらやっていけない。

やはり冬場の運動不足が原因だと思う。とはいえ運動は面倒くさい。
運動と瞑想が組み合わさった究極の浄化メソッド、ダイナミック瞑想の会を月に一度と言わず週一でやりたいくらいだ。
いや、月に一度でも続けてきてよかった。
3年間続けてきてやっとダイナミック瞑想会のありがたみが染み渡る。

アーユルヴェーダの食事療法もここにきて改めて、食べるならカパを悪化させるものは避けて、、など参考にしている。
好きな乳製品も随分減らした。
ベジタリアンなのにチーズも豆腐もカパ悪化なら、何を食べればいいのだ!?と食い意地のはってた以前の私なら、根本的にはアグニを高めて何食べても毒でも大丈夫にしたかったが、こうなった以上背に腹は変えられない。
いっそ何も食べなくても良くなれば
どんなに楽だろう。
親知らずの痛みで食べたい欲求が減ったように、この症状も食べないことに役立ちそうである。
食べないと確かに不快さは軽減される。
デトックスに消化エネルギーが使われる。
けれども食べたい時はアーユルヴェーダの智慧だ。

身体をもつ不自由さからの解放を目指す断食(ヨーガ)と、心地よい身体を目指すアーユルヴェーダ、そして昨年作っておいたドクダミエキスを、痒くてこすりまくってしまう瞼にピチャピチャしながら生きていこう。





|

« 共鳴の法則 | トップページ | 宝石デザイナー »