« 子育て1 | トップページ | 生きがいは園芸 »

2018年6月20日 (水)

エプロンとハンカチ

様々なものを集める人がいる。

毎週購読している
ROADSIDERS' weekly
http://www.roadsiders.com
の今朝の配信記事では、個人的な音源のカセットテープやレコードなどを収集してる人の記事が面白かった。
さぞかしユニークだろう。

収集癖があるのはアーユルヴェーダではカパと言われている。
私も子供の頃は綺麗な石や、ポプリブームの頃はハーブやスパイスなど集めては喜んでいた。

十代の頃は音楽のアナログレコードと古着のTシャツ。
シルクのリボン。
珍しい切手とレターセット、、

そして最近まで
エプロンとハンカチを集めていた。
安物でちょっとレトロなのが好きなんである。

どちらも実用的なのがいいところだが
そう何枚も必要ではないので、タンスの肥やしであまり使うことがなかった。
しかし最近はプージャーを毎日するおかげでエプロンもハンカチもガンガンに出番が出てきたのである。

エプロンのポケットにその日の朝にプージャーで捧げたハンカチに聖水を染み込ませたものをしのばせて、ささっとなんでも拭き掃除するのだ。
主婦たる感じがいい。

あとはよく病人がきてる印象だが、着物のおねまき。
これもレトロなものが二足三文でよくリサイクルショップにある。
昔のはタグも可愛く、大げさな宣伝文句が入ってたりして味わいぶかい。

一生買わなくてもいいくらいあちこちのリサイクルショップやディスカウントショップなどで集めた掘り出しもの。
布製のものというのは元を辿れば植物からであり、やはりマザーディヴァインの贈り物だったのだ。

|

« 子育て1 | トップページ | 生きがいは園芸 »