« 生きがいは園芸 | トップページ | »

2018年7月10日 (火)

おばあちゃんの知恵袋によると、よもぎを生乾きさせたものを燻すと蚊除けになるらしいので、最近はあちこち生えている元気なよもぎを収穫して玄関前でアグニホートラしている。

アグニホートラ実験の動機の一つは蚊除け、虫除けなのだ。我がアグニホートラ瞑想センター(Laxmiltd.に間借り)は草木に覆われた公園に面して、水路もあるせいか毎年蚊の発生に悩まされていた。
蚊は身体の悪いところを刺してくれるという説により、毎年蚊の襲来と刺されて腫れでもすると憂鬱だったのが心理的には減少したが、
よもぎアグニホートラをして灰をまくことにより、去年よりかは蚊の発生自体減ってきたように思う。

化学肥料が普及する前はかまどの灰が立派な肥料になってたらしいので、花咲じいさんの気持ちで、アグニホートラの銅製ピラミッドに生成される灰を
薔薇やハーブの植え込みにふりまくのも楽しい。植物の育ちもいい。

けれど生乾きのよもぎは燃えが良くないので、インドでゴッソリ仕入れた樟脳を着火剤にしながら燃やすのだ。
最近はさすがに煤で薄汚れるので室内で燃やすのは控えて、もっぱら外でやっている。
1番燃えがいいのはやはりホーリーバジルの木質化したところと花穂である。今年もたくさん苗を作って、今日は8本ばかり畑に地植えしてきた。
なんという充実感だろう。
お金に変えられない豊かさである。

人により人生の青写真、何しに地球に人間として生まれてきたのかは千差万別で、1日中ネットに繋がって仮想のマネーゲームに興じることも、お金儲けとはかけ離れたところで芸術家として生きることもできる。
それぞれがこの生を楽しめばいい。
私自身はアグニりながらこの地球の片隅でささやかな浄化活動に参与しつつ、子供の頃に憧れた美の風景を作っていきたい。







|

« 生きがいは園芸 | トップページ | »