Laxmi・Jewelry

2012年12月 3日 (月)

感謝のお手紙

Dsc00196



サロンから望む日の出







Agnihotra:日の出・日の入りに行うホウマの解説



Dsc00240
Dsc01379



 ジュエリーを作成された方からいただいたお手紙
最近はメールが多くなりましたが、少し前まで、頂いていたお手紙はすべて大切に宝箱の中に入れて、祭壇においています。
保管しているお手紙は、いつかAgnihotraの火で感謝を込めてお炊き上げしたいと思います。







|

2012年5月 6日 (日)

アグニホートラ

Dsc013412012年5月6日 18:27 日の入り時間

アグニホートラ 
古代インドヴェーダによる 日の出・日の入り時間に行う火祀。
大変多くの恩恵があり、灰の利用価値も非常に大きいです。
特に、家庭菜園においてホーマ農法、アーユルヴェーダ農法といわれる古代農業の
智慧を探求する道しるべとなります。
ホートラを行う準備が整っていましたが、牛糞だけはインドから取り寄せるか?
と思っていたところ、灯台下暗し、近くにある農場で、
非常に質の良いものが入手できました↓
磯沼牧場http://isonuma-farm.com/

こちらの、ミルクの黄金律、サットヴァのやさしい味わいでお勧めです。(たまの贅沢ですが、現代では稀有な、お金には変えられない価値あるものだと思います)

|

2011年9月 8日 (木)

宝石療法②

 ジョーティシュ(インド占星術)の宝石処方では、出生図から強めるべき惑星に対応する宝石を調べて重さ(カラット数)・身につける身体の場所・加工する素材とともに処方します。



この意図で選別した特別な輝きをもつ宝石を選定し、リングや腕輪、ネックレスに加工、完成後プージャー(インド式の浄化の儀式)を行います。

身につけるご本人も吉日・吉時間に惑星への恩寵の感謝の祈り(マントラ)を唱え、つけはじめます。
ラクシュミージュエリーでは納品時に吉日・吉時間・マントラ・瞑想は無料でお伝えしています。そのため、プージャーには北海道から沖縄まで全国各地から参加いただいています。



インドにおいて5千年以上の時の試練を経て洗練されてきた宝石療法の目的は、①でも書いたように、今生でより崇高なダルマ(使命)を果たし、究極的にはこの宇宙の因果律からの解放、ムクティ(解脱)へと導かれることです。
守護惑星をはじめ、個人的な内なる聖なる存在(ディバイン)からの恩寵を受け、より深めていくことにあります。そのとき、「最小の努力で最大の恩恵を得る」という自然法の基本法則の中で、生きていくことが出来るのです。



生命あるものは全て、非具象の領域、物理学でいう統一場、全てを超越した存在から生まれてきました。真の父であり、母であるのはこの「存在」です。私たちは心のどこかで求めているのではないでしょうか。今は人生という旅をしていても、何千回、何万回という輪廻を繰り返してもいつかは、この宇宙存在の究極の絶対無、静寂の魂の故郷に帰っていくことを。



ほんの10年位前まで、日本において真の宝石療法の恩恵を受けられる人は、ごく限られていました。情報が一般にも公開されてきた今でも、本物にめぐり合える人は非常に幸運ですが、準備が物心両方出来ていることこそ宝石のように稀でしょう。

そもそも宝石、それも宝石療法で使用するような石は希少で高価なものです。貨幣経済の中に生きる私たちは、代金を払わなければ手に入れることが出来ない仕組みの中で生きています。(しかし、ただで手に入れたものはそれなりの価値しか見出せないのも現代人の悲しさともいえます。そのためにダイヤモンドはデビアス社によって価格統制が世界的に行われています)



時間はこの現実世界において最も貴重です。すぐに理想的な石を身につけることが出来なくとも、開運方法はあります。それに対価は必要ありません。必要なのは、意思のみです。
宇宙の法則に意識を開き、聖なる存在との信頼関係を深めていくとき、本当に必要なものは宝石であれなんであれ、必ずや手にすることが出来るのです。
③に続く

|

2011年8月10日 (水)

宝石療法①

Dsc00709            最高品質のコロンビア産エメラルド 計3.79ct K18ペンダント加工 O様納品



 ジョーティシュ(古代インド占星術)・アーユルヴェーダ(インド伝承医学)において、惑星の力を持つ天然の宝石を個人の出生図より、処方されてきたのが、宝石療法のルーツです。
宝石には不思議な治癒能力があり、最も吉兆なものと尊ばれ、長い歴史の中で受け継がれてきました。




私達人間にとって「生きる」意味とは何でしょうか。



現代社会においては経済性が優先され、文明の発達は環境破壊の犠牲なくしては成り立たず、そのような中で自分は何をするために生まれてきたのか?



人生は試練の連続であり、永遠不変「絶対」なるものは、この世の中には無く、不条理な中で、生きること自体が無意味であり、空しく希望を見出せないことは誰しもあると思います。



究極の人生の目的への青写真をジョーティシュの出生図は指し示します。生まれてきた目的、ダルマ(使命・仕事)の傾向を知ることは有益です



私も十代のころから、人一倍、自分のやるべき仕事が何なのか、何のために生まれてきたのか?と切実に求めてインドの瞑想、そして宝石療法を通して多大な恩恵を受けました。
これからも恩返しの気持ちで取り組んでいきたいと思います






|

2009年12月 9日 (水)

ジュエリーへの加工

09128_001

 基本的に宝石をルース(裸石)の状態でお選びいただき、ひとつひとつその石にあった形状とご希望をお伺いしてリングやペンダントへ加工します。つまりすでに加工された既製品ではなく、一つ一つ世界に一つだけのジュエリーにオーダーで仕上げるのです。

石を留める前に何度か加工途中の枠の状態を加工職人さんから見せてもらいます。留めてしまうと修正ができないため、全ての感覚を総動員してあらゆる面からチェックします。シンプルなデザインであればこそ少し角を丸みをもたせるかシャープにするか、パーツや爪の形、大きさ、ほんの数ミリの違いが出来上がりに大きな影響があります。

ジョーティシュジュエリーの場合は、キューレット(石裏)の微妙な出具合、デザインだけでなく耐久性も兼ね備えたものとする必要があり、実際身につけた時の着用感と身につける方と調和するかどうかも考慮しなくてはなりません。石留めした時に裸石の状態よりも石が美しく映えているか、パワフルになっているか、少しも損なうことなくエネルギーが発揮されているかどうか・・・。

この第六感的な直感は加工上のデザインだけではなく、宝石の仕入れの時にも駆使しています。あらゆる面からみて最高のジュエリーを納品するために妥協は許しません。一つ一つが真剣です。

弊社では、最高のジュエリーを納品するために、各担当者が調和的で親密なコミニュケーションを取れる環境を築く努力を重ね、100%以上自信持って、自分が身につけたい、と思えるものでなければ納品致しません。

仕上がりに少しでも納得できない時やイメージと異なる場合は、加工をやり直すこともあります。時間もエネルギーもかかりますが、納品時に、ご注文いただいた方に喜んで頂けるように、またその後も長く愛用して頂けるよう最善を尽くしています。

画像:イエローサファイヤK18リング、ルビーリングはメンズデザイン、最高級和玉本真珠プラチナリング、イエローサファイヤと国産珊瑚のK18ペンダントトップ 東京都Sさまご夫妻

|

2009年10月20日 (火)

創業20周年

LAXMI JEWELRYは、今年で20周年目です。創業から10年間は、マハリシの瞑想の研究所でインド占星術のコンサルティングを1980年代後半より草わけ的に行なっており、弊社は卸業として供給していました。その後、仕入れ、加工、浄化全て一貫して直販することになりました。

現在は私はジュエリーデザイン、宝石相談と浄化を担当し、夫は鑑定と石の仕入れ、職人さんとの交渉など二人三脚で協力しています。、最初の出会いはマハリシの瞑想でしたので、ご縁のあるお客様も最初は100%が瞑想者、瞑想教師のかたがたでしたが、だんだんとそれ以外の方がたにも提供する機会が増えてきました。今ほどネットが盛んではなかった時代でしたので購入された方が感動をお知り合いに伝えてくださり輪が少しづつ拡がって行きました。

やはりインド系のかたが多く、アーユルヴェーダ(インドの伝統医学)に携わる方がた、アマチ、カルキ、サティヤサイババ、等などインドの聖者の教えを広めている方がた等、本当に多くの素晴しい方がたにご支持いただいき、またとないご縁をいただいていることに感謝しています。

そして今はインターネットの時代、サイトをご覧になっておいでになる方も増えてきました。数年前では一部の人にしか知られていなかったジョーティシュがより多くの方の人生に光をあて、今生をより豊かに生きる智慧としてお役立てできるよう、最初の情熱を忘れずにこれからもどんどんバージョンアップ、日々進歩しながら取り組んでいきたいと思っています。

|